上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り急ぎ、お知らせです!

蟹沢可名ちゃんと撮影したビックイーターシスターズPART1が7月2日放送の「スーパーニュース」の中で放送されます!
ただし、放送エリアが関東ローカルなため、限定されてしまいますが、見られる方は、是非!

お仕事のある方は、録画予約をお忘れなく~!

たくさんの方に見て頂けるのを楽しみにしています!
スポンサーサイト

 「やるきまんまん」のロケに行って来ました~!

 で、現場に入ると、撮る順番が変わって、しばらく待つことに。するとなにやら、風船をふくらませている人が。時間もあることだし、お手伝い~!

toki70629-1.jpg


 エラい腹筋と肺活量を使い、撮影前にクラ~っとしていましたが、良いダイエットになりました。


 今回の役どころは、なんとトラックの運ちゃん。初めての役どころです! 
 手に持っているのが原作の復刻版「やるきまんまん」。すいません、本の帯が、メインキャラクターに被っているのに、気づきませんでした…。

toki70629-2.jpg


で、どんなトラックに乗ることになるのかと、いろいろ聞いていたら、予算の都合などいろいろ……ということで、せっかくの役を台無しにしたくない! その気持ちから、時任の友人で4t車両のトラックの運転手がいるので、今回、忙しい仕事の合間に来ていただきました!

 お陰で、時任も杉作監督も満足。正直、そんなにシーン数はありませんが、それでも、やっぱりこだわりたい部分は、こだわりたい!
 で、監督と打合せ。

toki70629-3.jpg


 今回のロケには、今度、合同企画もあるWEBラジオ「月曜日はピンポンダッシュ」の福山理子ちゃんも来ていて、二人でトラックの前で記念撮影~。
 理子ちゃん、レースクィーンというだけあって、背が高い!

toki70629-4.jpg


 トラックに乗っているシーンは、作品で!
 こちらの作品は年末ぐらいを発売めざしているそうです! ご期待下さい~!

 先日、アップした8/12の夏イベント『時任との夏、日本の夏、、、』のハガキを急ピッチで作成!!
 急いでデザイン作り、急いで印刷し、急いでみなさんへのコメントを心を込めながら書き、そして投函致しました~!
 ご住所がわかっている方に、毎回発送しているのですが、こんな感じだったので、相変わらずの下手な字が、余計下手になっていて、届いた方、本当に申し訳ありません…。
 あ~~、たくさんの方に来ていただけますように!!

toki70628.jpg


 寝る前に、スリープトラッカーを腕にはめる。
 通常は、寝る前に腕時計ははずすものですが、その逆の流れをいく行為。微妙な違和感を感じつつも三日目。

 確かに、起きます。パチっと目が開きます。本当にこれは素晴らしい!
 しかし、かと言って、睡眠不足を解消してくれる訳ではないので、まだ眠りたいことは眠りたい。
 今朝、体調のリズムに合わせて起こしてくれたのが、起きたい時間より20分早かった。心地よい目覚めを自分で望んだにも関わらず、逆切れしそうになりました…。まだ寝れるじゃないか~!
 
※この時計は、起きたい時間をセットすると、セットした時間より前で、一番近い心地よい時間に起こしてくれる時計です。なので、体調リズムにより、時間が変わります。

 うっ、これは起きなくてはいけないのか、もう少し二度寝してもいいのか? 非常に悩ましいことを考えているうちに、しっかり二度寝して、起きなければならない時間に起床…。
 これは、自分の中で、起きる時間は毎日違う、ということを叩きこまないと、少しでも多く眠りたいという短時間睡眠の時、また逆切れしそうな予感が…。

 決して、スリープトラッカーが悪いのではありません。非常に、よく体調データに基づいて起こしてくれています。
 ようするに、まだ慣れていないし、少しでも多く眠りたい! という欲が強いようです。

 本日は、UAさんへの楽曲提供など行っていて、現在は映画監督もされているふるいちやすしさんと打合せ。
 来る7/14~22のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の短編部門では「サイコロコロリン」が上映予定(※時任は出てませんので…)の監督さんです。

 スタジオに訪れると、目に飛び込んできた絵。しばし、目を奪われる。
 なんと、ふるいちさんが書いた作品とのこと。音楽、監督、絵画と、才能の溢れている人だと、本当に驚かされる。

 toki70626-1.jpg


toki70626-4.jpg



 話しこんだ事もあり、近くのカレー屋さんへ。
 カレーと言えば「ナン」! いいですねぇ~、大きくて幸せです!

toki70626-2.jpg


 お茶目なふるいちさんも一緒になって、「ナンです~」みたいな。

toki70626-5.jpg


 時任の好きな「ほうれん草のチーズ入りカレー」とふるいちさんが頼んだ「エビカレー」。蒸し暑い今日この頃には、最適なお食事! 

toki70626-3.jpg


 こうやって並ぶと、カレーの彩りもキレイで、今日は最後まで芸術を堪能した気分!


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭




 ようやく、昨晩、まともに眠ることができました。
 そして、何ともタイミング良く、6/7に「欲しい!」と絶叫していた「スリープトラッカー」が届きました。
 
 早速、設定をして、腕にはめ、布団の中へ。
 疲れていることもあるので、用心のために、他にも目覚ましを用意。
 
 そして運命の朝を迎えました。
 
 パチっ。

 目覚めた瞬間、自分の目が開く音がしました。本当です!
 そのあまりのパッチリ度に、自分でビビって、しばしボーゼン。
 ボーゼンとしている間に、また眠気が襲ってきたので、慌てて身体を起こしましたが、凄い、凄すぎる! でも、その反面、本当に時計のお陰なのかと、まだ半信半疑。

 この時計、自分の眠りの深い、浅いも記録されていて、へぇ~、この時間に深くて、この時間に浅いのか~と、研究所並みのデータも見られて、しばし、ふむふむ。
 そんな訳で、快眠体験よりも、興味深い自分のデータに、しばらく毎朝「へぇ~」と驚きそうです。
 さて、明日はどんな感じに目覚められるか?

toki70625-1.jpg


 先日のロケで一緒になった「かっぽれ隊」の西さんが結婚することに!
 なんともメデタイ~! ということで、二次会に呼ばれて行ってまいりました!

 先日のロケで知り合ったばかりなので、行っても知っている顔がいないし、ガッツリ食べこようと会場へ。

 バイキング形式だったので、お皿を手に息ごんでいると、肩を叩く人物が。「えっ、なんでここに?」という、よく現場で一緒になる役者がそこに。「へぇ~~~、そんな風に繋がってるのか~」とお互いびっくり!
 役者の世界は狭いと言われていますが、改めて実感。

 西さんは、みなさんに感謝の気持ちを込めてボサノバを生演奏で、しかもポルトガル語で歌ってくれました。

toki70624.jpg


 そんな訳で、余興も音楽ライブやお笑いライブありと、楽しませてくれる中、気がつけば、料理はそっちのけ。

toki70624-2.jpg


 最後、2人の「ありがとうございました」という幸せの言葉を聞いていたら、思わず「良かったねぇ~」と、親戚のおばちゃんのように泣いてしまいました。
 幸せな2人を見れるのは、本当にいい!

toki70624-1.jpg


 え? 時任のウェディング? そんなことになったら、このブログはきっと「鬼嫁日記」になるんだろうなぁ~。

 相手がいないと、実感わかないけれど、ドレスは着たい! もちろん、みなさんのためにね

 昨年は、時任のスケジュールがなかなか合わず、東京でのファン・イベントを夏に開催するはずが、秋に。
 でも、今年は、夏も夏、ど真ん中の8/12に開催致します!!!!!

 そして、「はぴっぽ」へのアンケートを元に、今年はなんと、屋形船での「撮影会」と「食事会」です!
 「撮影会」は2年ぶりということで、長らく待っていただいたみなさま、お待たせ致しました!

 本日は、「はぴっぽ」スタッフと、開催予定の下町・佃へ行き、交渉や下見に行って来ました。
 天気は快晴、当日も晴れることを祈りつつ。
 それにしても、なんて気持ちが良い天気なんでしょう~!
 晴れていたら、外での撮影も考え、こんな場所もいいなぁ~。

toki70623-1.jpg


 屋形船が出向するのが佃島。やはり、この赤い橋ははずせませんねぇ~。ロケ班していると、海外の観光客の方々も闊歩。

toki70623-2.jpg


 いろいろ路地を歩き、見上げるとこんな空も見えました。

toki70623-3.jpg


 恐らく、このぐらいの時間に撮影になるだろう、という時間に屋形船の確認。いいです、いい! この情緒をみなさんに是非、切り取っていただきたい!

toki70623-4.jpg


 いろいろ歩き回って、スケジュールの確認などのために、佃のすぐ隣の月島へ。
 月島と言えば、「もんじゃ」。
 が、話しこんでいたら、もんじゃを撮り損なってしまいました…。
 ちなみに、本日食べたのは「餅明太チーズもんじゃ」。

 で、こちら、本日出会ったエビ。
 別にそこまでエビが好きという訳ではないのですが、またエビ登場ということで、アップ!
 え~、本日のエビはこんな大きさでした~

toki70623-5.jpg


 下町風情に釣られて、ロケ班なのに、猫の顔をした「まねき猫せんべい」をお土産にゲット

 toki70623-6.jpg



 帰りに電車に乗りこもうとしていたら、前の方から女性の2人づれがもんじゃを食べにやってきたご様子。
「私、もんじゃ初めて~~」
「だったら、餅明太がいいよ!」
 その会話を聞きつつ、心の中で「チーズも入れるとうまいよぉ~」と言いながら月島を離れました。

 ロケ班を終えたことで、これから具体的にいろいろ決まっていくので、近々「はぴっぽ」で発表できると思います!

 
 「撮影会」と言うと、構えてしまう方もいるとは思いますが、極端な話、時任を撮りたいと思って頂けるなら、携帯の写メでも全然問題なしです! 会いたい気持ち一つで来ていただけるのを、楽しみにしています!

 来週クランクインするVシネ「やるきまんまん」の衣装合わせに行って来ました~!
 日刊ゲンダイで連載の横山まさみちさんの作品の実写化。これだけでも凄い話なのですが、監督は杉作J太郎さん。主役は中野英雄さん。そのほか、清水宏次朗さん、金山一彦さん、岡元あつこさんら、なんとも豪華な面々が登場致します!
 時任の登場は、見てのお楽しみに~、という登場の仕方をするので、期待していただければと思います!

 で、衣装合わせも無事に終わりホッとしたところで、今晩頂いたのは台湾料理。

 食べるのが好きな時任を是非連れていきたい! と言われて連れて言って頂いたのですが、メニューの料理の名前がシンプル。

 メニューを見ると「しじみ」と書いてある。
 で、出てきたのがこちら。誰がどうみても「しじみ」。
 味付けは老酒に付けた感じの、口の中でふわ~っと広がる独特の醤油味。でも、うまい!

 toki70622-1.jpg


 こちらは「クラゲ」。
 フツーのイメージだと、千切りになっているクラゲを想像するのですが、ゴロっと来た。そのせいか、歯応え十分で、パクパクいける。

toki70622-2.jpg


 先日の豚足ブームを引きずり、また「豚足」。
 煮物系なので、温かいバージョン。その分、柔らかさを楽しみながら、隅々まで頂き! しかもてんこ盛りで、目にも嬉しく、うまい!

toki70622-3.jpg


 「エビのマヨネーズ和え」。
 こちらも先日の「ぷりぷりえび」を引きずり、こんどはどんなエビが出てくるのかとドキドキ。いい形で裏切ってくれた、デカデカ・バージョンのエビの登場でした!

toki70622-4.jpg


 これだけ、いろいろ出てくるもの全てが美味しいと、大好きな天津飯を頼まずにはいられない!
 あ~、なんて美味しそうなんでしょう~、と思わず画像を撮るのを忘れ、食べかけですいません…

toki70622-5.jpg


 なんだか、衣装合わせがメインの日だったのに、結局食べ物メインの日記になってしまった…。

 今週は、ほとんど打合せや人と会うことが多く、しかも「げっ、もうこんな時間?!」という、夜が明けようとしている時間に帰宅。
 なので、家に帰っても、シャワーを浴びて、1、2時間の仮眠を取るのみ。
 一体、今週の睡眠時間は何時間なんだ?
 そんな状態なので、この1週間が繋がって、なが~い、なが~い一日のよう。

 そんな昨日の美味しかったもの。
「穴子の酢の物」

toki70622.jpg


 本日は、仕事終わりに久々会う役者仲間と食事へ。
 乾杯の後に、近況報告などしつつ、食事の注文へ。
 で、出てきたのがこちら。

toki70619.jpg


 そこにいた4人はしばらく「……」。
「これ何?」
「何頼んだっけ?」
「えっと…」
と、メニューを再度広げて該当するものを探す。

 どうやら、「ぷりぷりエビのタルタルソース添え」らしい。

 こちらの勝手な思い込みかもしれませんが、4人の頭の中には、シュリンプカクテルのような小ぶりなエビが揚げてあるものを想像。
 しかし、出てきたのは、見事な大きな一本のエビがフライになったもの。
 確かに、ネーミングは間違っちゃ~ぁ、いない。
 問題解決で、口に運んでみると、確かにぷりぷりしていて、うまい!

 その後、特にエビに触れることはなかったが、モグモグとソシャクしていた沈黙の間、おそらく、役者4人の頭の中では、「既成概念に捉われちゃ、いかんなぁ~」と思っていたはず。
 ちょっと、役者の頭の柔軟性を刺激されるぷりぷりでした。
 役者って、普段こんなこと考えながら生きていたりします。

 

 ブログのデザイン、久々に変更です!
 ちょうど、デザインを試行錯誤していたので、その間に訪問した方は、アップするたびにデザインが変わるので、さぞかし戸惑ったかと思いますが、ようやく落ち着いて、このデザインにようやく落ち着きました!
 

 でた~~~~~~~!!!!!!

 スイカの時期になると、奴は現れる。
 今年も、どこでそんなに大きくなったのかと思われるような大きさで、ガサガサっと登場してきた……。

 キッチンに行くたびに、奴はいないかと、キョロキョロする。ちょっとでも、黒い影が見えると、「だるまさんが転んだ」状態で、がばっと振り返るハラハラ感、最悪です…

 初日に見掛けて、早速コンバットを購入しに行ったが、なぜ、なぜパッケージに奴の姿がプリントされているんだぁ~! とツマむようにしてカートに入れるこの苦痛。毎年思うことだが、本当に、買いやすいパッケージにして欲しい…心臓に悪すぎる…。
 殺害できる方を、どれほど凄いかと、本当に心から尊敬しております。

 そして、昨晩も出た~~~~~~~!!!!!!!
 あああぁぁぁぁぁぁ~~~~~!!!
 これは、本当にいい近所迷惑です…、大声出して、すいません…
 はぁ~、いい加減、薬剤食べて、巣に持ち帰って全滅してくれぇ~~~。時任の博愛は、奴を完全に例外としています。

 東京も梅雨入りしたらしい。
 が、本日は良い天気! 夏みたいですねぇ~!
 ふっふっふ、スイカですよ、スイカ! 八百屋さんに、この小玉は美味しいですよぉ~と勧められて買っておいたスイカは、こんな日に食べるのが最高でしょう! 我が家で、今年初のスイカスプーン登場!
 毎年、このスイカを両断した画像をアップするのも定番になってきましたね。

toki70617-1.jpg


 そんな夕暮れは、ゆったりと過ぎていきます。

toki70617-2.jpg


 猫も寄って来ます。

toki70617-3.jpg


 最後にまたスイカ! といきたいところですが、頂いて、食べごろになったこちら、本日の締めはメロン。

toki70617-4.jpg


 先日、スーパーニュースで共演した蟹沢可名ちゃんとご飯を食べてきました~!

 可名ちゃんがいつも行く定食屋へ。ご飯がお代わり自由ということで、時任にも嬉しい!

toki70616-1.jpg


 で、可名ちゃんはいつも行っているということもあり、丼でご飯が出てきたが、時任には茶碗に普通盛り。少なっ!
 可名ちゃんが
「お代わりできるから、大丈夫だよ~」と慰めてくれました。
 で、次にお代わりするときに、
「大盛りで」
 と言って、丼で来ることを期待したのですが、やっぱり茶碗。一応、大盛りでしたが…。
 しかも店員さんに
「残すと、別料金ですから」
 と忠告もで頂く…。

 2杯目も頂き、3杯目をお代わりしようとすると店員さん
「普通でいいですか?」
 いや、もっと食べたいんだけど…
「…大盛りで」とお代わりすると、店員さん、めちゃめちゃ眉間に皺を寄せている。
 普段だと、かなり気を遣うのですが、可名ちゃんという強い味方がいるので、もう一度念押しで「大盛りで」と注文する。
 このやり取りを、可名ちゃんは「可名がいつも連れてくる友達は少食だから、大食いが2人来てるなんて、信じられないんだね」と楽しそうに見ていました。

 そういえば、大食いの人とプレイベートで食事するのって初めて!
 恐らく、可名ちゃんは、自分がいつもされている質問を客観的に見られたのが、とっても楽しかったと思います。私も、今度見てみたい!
 いつもたくさん食べると心配されたり、驚かれたり。同じようなペースで食べられる人と食べられる事が、こんなに安心できるのだと、妙に嬉しくなってしまいました。

 仕事柄、大食いの仕事が来るけれど、二人とも、それは本職ではない。でも、テレビに出ると「大食いの人」になってしまう。その辺りのジレンマも似ていて、「そうだねぇ~」といいながら、バクバク食べている光景は、端から見たら、かなり面白い光景になっていたと思います。


 結局、五杯目まで、「普通?」「大盛りで」の、やり取りが続きました。次に行ったら、丼で出してくれるのかなぁ~。
 ちなみに、可名ちゃんには普通に丼で五杯。

 その後、2人でプリクラを撮りに! 可名ちゃん、また食事行こうね!

toki70616-2.jpg


 本日の空は、とのかく躍動感に溢れていた。

toki70615-1.jpg


 見上げるたびに、様々な表情。
 
toki70615-2.jpg


 そして夕方、たなびくように流れていく。

toki70615-3.jpg


 本日、最後に辿り着いたのは六本木の空。

toki70615-4.jpg


 一刻も目が離せない、変わり続けた空と雲。
 自分の頭上に、こんなにも動ける空間があること。
 自分の気持ちも、もっともっと大きく広く、広げて行こう!
 

 今日は、夜、仕事の後に、新宿にある「どん底」へ。
 著名人が昔から来る店として有名ですが、人に連れられて時任は2回目。
 山小屋風の店内の中、夕飯時だというのに、時任が頼んだのは、「エイヒレ」。だって、だって好きなんですものぉ~!! ということで、一人で、バクバク食べてしまいました。
 つまみって、普通「つまむ」から「つまみ」なんだよ、というご意見、聞こえちゃいるけど、止まりません!

toki70614.jpg


 5/29にまだ緑のあじさいをアップしましたが、その後、こんなに成長していました、早っ!

toki70613.jpg


 こんなに暑い太陽の下のあじさい。かたつむりとセットで見るのは、なかなか難しそうです…

 韓国で視聴率50%というドラマ「朱蒙」をご存知でしょうか? たまたま友人が、声優として出演しているとのことだったので、本格的声優未経験の時任としては、スタジオ見学に行ってみたい! とお邪魔してきました!
 

toki70612-1.jpg


 普段の撮影の現場と違い、スタジオの中には、本当にたくさんの方が控えていて、モニターをみながら、担当の声の人が、入れ替わり立ち変わり。
 声を聞いていると、聞いたことのある声の方がたくさん! おおっ、この声は! と妙にミーハーになってしまいました。
 「フランス書院」のナレーションはありますが、これは、また別。いつか機会があれば、チャレンジしたい別世界を、今日は垣間見てきました。

 また移動して、今日の仕事終わりは茅場町。
 日が暮れかかる中、携帯とにらめっこしながら歩いていると、涼しい風が。顔を上げると川が。
 ビジネス街ではありますが、こんな川があると、一日の終わりに気持ちまでクールダウンされるようで、気持ち良い気分。

toki70612-2.jpg



 大変暑くなっております。

 こちら、霞ヶ関の日比谷公園近辺。

toki70611-1.jpg


 慌しく移動していると、もう日が暮れようとしている。
 
 こちら、渋谷のセルリアンタワーに繋がる歩道橋から見た風景。

toki70611-2.jpg


 こうして今日も終わる頃、お腹が空いて、無性に食べたかったもの。
 それは「豚足」。

toki70611-3.jpg


 さ~て、明日も頑張って動くぞぉ~!

 ここ連日、食べ物ネタ続いていますが、美味しいものに出会うと、思わずシャッターを切ってしまいます!

 初めての中華店。暑い昼だったこともあり、冷やし中華、大盛りで! と注文。
 すると店員さん
「大盛りは2玉分ですよ…」
 とかなり心配そう。
 だいたい、大盛りを頼むと、こう言われます…。

 でも、今日は心置きなく食べたい日だったこともあり、その他に頼んだのが、「エビチリ」と「肉団子の甘酢」と「餃子」。
 このお店、一品料理は小皿、中皿、大皿があり、「大皿」で頼んだら
「中皿で良いと思いますよ」とのこと。
あまり店員さんのご親切をムゲにしても申し訳ないので
「では中皿で…」
と答えると、ちょっとホッとしたご様子。

「エビチリ」と「肉団子の甘酢」と「餃子」。
 あ、餃子が写ってない…。
 食べかけの画像で申し訳ないですが、確かに、中皿にしては量があって、店員さんが心配したのも納得。
 なんて良心的なお店なんでしょうねぇ~!
 なぜ食べかけかって、食べたら美味しくて、撮っておこうと、慌てて撮ったもので…。

toki70609-1.jpg


 こちらが「冷やし中華(大盛)」。
 くらげもたくさん、鶏肉と豚肉も入って、普通は千切りにされている卵焼きが丸ごと。卵焼きが柔らかくて、シュークリームのような柔らかさ! これがまたウマイ!
 が、なぜかモモ缶のモモも…。チェリーよりは全然おいしい取り合わせでしたが。

toki70609-2.jpg


 最後にライス大盛りを頼んだ頃には、さすがに店員さんも何も言わずに、徳盛りのようなライス。
 その間、厨房の人が出てきて、様子を伺いに来たりと、一人で頼むとだいたい珍獣のようなことになるので、なかなか不便があるのですが、美味しいものをお店で食べられる幸せと比べたら、仕方ないです。

 どれも、美味しくて、しかもボリュームがあったので、それを伝えると「うちは学生さん相手だから」と。あ~~、確かに、近くに大学が。納得。
 どこの町にもあるような、中華料理屋さん。久々入って、雰囲気もあったかいし、心置きなく食べるなら、こういう店だな~としみじみ、ハッピーなランチでした!

 時任が食材を買う時は、何を買うのか最初に決めずに「食べてくれ~!」と言っている(ように聞こえる)声を聞いて買います。
 なので、野菜が美味しい季節などは、あれもこれもとオロオロします。

 で、本日は、エリンギ。小ぶりのエリンギが袋にたくさん入って、「食べてくれ~!」と言っている。
 早速、帰って作ったのは、イタリアン風にシンプルに仕上げたこちら。「食べてくれ~」と言っていただけてあって、美味しくて、明日に少しは残そうかと思ったのに、全部食べてしまいました…。だって、エリンギだけでも、メチャ美味しかったんだものぉ~!

toki70608.jpg


 レバノン料理を食べてきました~!
 行ったお店は恵比寿にあるカルロス・ゴーン氏の奥様のお店。なので、店内には、ゴーン夫妻の写真などが飾ってあったりします。

 席に着くと、レバノンの地図が。色合いが中東っぽいですねぇ~!

toki70607-1.jpg


 メニューはピタサンドなど、知っているメニューもあるが、あとは聞き慣れないものばかり。説明を読んで見ると、以前行ったギリシャの料理と似た部分も。

toki70607-2.jpg


 まず、頼んだのはヤギのチーズのサラダとひよこ豆のオムス。

toki70607-3.jpg


 香辛料は強いけれど、辛くはないので、逆に食欲が増進される感じ。全体的に暑い国の食べ物だから、塩味は強いです。
 オムスはパンに付けて食べたりと、バクバクっと食べるというよりは、ツマミながらゆっくり食べて行く感じ。

 お次は、肉2種類と盛り合わせ。

toki70607-4.jpg


 一見、ラードのように見える白い塊。柔らかくて、なんだ?と思いながら口に運ぶと、ヨーグルト。明らかに、日本のものとは違う! 軽い酸味で、肉ともよく合う~!
 その横には、一瞬ほうれん草かと思いきや、パセリの和え物。こんなに大量にパセリを食べることも珍しいが、なかなかどうして、味付けが日本とは全く違うので、普通に食べることができる。

 これから暑い季節に、もしかしたら、レバノン料理は、辛くないし、食べやすいし、おすすめ~! 家で作れたらいいなぁ~。

 昨日、たまたま早く帰って、テレビを見ていたら、凄い目覚まし時計を紹介していた。
 体内のリズムを読み取って、起きたい時間より前の、一番近い快適な目覚めができる時間に起こしてくれるそうだ。その名は「スリープトラッカー」。

 時任、かなりの低血圧系なので、無理やり起きると、相当な時間頭が回らない。人によると、かなり不機嫌そうに見えるらしいが、本人いたって、ぼーーっとしているだけ。
 
 体内のリズムを感じるために、使用は腕時計形式になっている。寝る時に腕にはめる、というのは、なんとも重い感じがするのだが、今朝、たまたま目覚ましより早い時間にパチっと目が覚めて、おいおい、まだ5時だよ~!と思いつつも、妙にすっきりしている。

 ロケの時などの朝から頭をフル回転させなくてはいけない時には、本当にいいなぁ~。いや、毎日こんな感じだったら素敵だなぁ~と思ったら、無性にその時計を思い出して、欲しくなってしまった。

スリープトラッカー 公式サイト
 

 朝から、良く晴れ、空も雲も緑も光も、色が違う!

 toki70604-1.jpg


 おっ、猫発見! 通りの人の行きかう姿をキョロキョロと追っている。

toki70604-2.jpg


 そんな私も、キョロキョロしている。
 夏が近づいてくると、ウキウキしてくる。
 見るものが、キラキラと美しく、もっとたくさんの景色を見たくなる!

 今日は、午前中と午後の予定の間が、ちょっと空いてしまった。
 お昼でも、軽く食べて時間を潰そうと、セカセカと歩きつつ、お店を探す。
 すると、通りにとっても小さいけれど、落ち着けるイタリアンのお店発見。
 初めてのお店なので、日曜日だけど、ランチをやっているか確認。
 小さいけれど二階もあるらしいがお客様が一杯。なので、4人分ぐらいのスペースの1階の席に。
 歩いたこともあり、一気にお水を飲み干す。

 toki70603-1.jpg


 一息ついたら、通りのゆったりとした人の流れや光を眺めているだけで、なんだか幸せの光景を見ているようで、嬉しくなってきた。
 あ~、なんてのんびりしているのだろう。家に帰っても、片付けなくてはいけない資料などに囲まれていると、こんなのんびりとした時間は全くない。追いかけられるようなものが、一切目の前にないこの状態の居心地の良さと言ったら、本当にホッとしてしまった。
 いつもセカセカしていると、果たしてのんびりすることができるのかと不安になることがあるが、この店の雰囲気からなのか、完全に思考回路がぴたっと止まり、ぼーっとできている自分が嬉しくなってしまった。
 この、のんびり感は、以前の「雨宿り」以来。って、ことは2ヶ月ぶり?!

 食後のデザート。

 toki70603-2.jpg


 しっかりと夏の太陽の日差しが照りつける中、冷たいデザートで元気充電!
 この日、この時間に、このお店に出会えたことに感謝!

 ここしばらく、そういえば食べてなかったなぁ~、と思ったら、無性に食べたくなった「うなぎ」。
 そういえば、冷凍庫にストックが!

 そうと決まれば、炊飯器を用意してお米の用意。本日は、夕飯後だったこともあり、3合。
 というか、時任の炊飯器、みんなにも「その量の炊飯器で少なくないの?」と良く言われるのですが、なぜか3合炊き。おそらく買う時に「5合もお米を食べるのは飽きるだろう」という計算から3合サイズの炊飯器を買ったような。確かに、不便は感じていない、うん。
 早炊き機能で待つこと30分。
 ようやく完成したのがこちら。

toki70601.jpg


 うなぎが小さく見える~と、一人で大爆笑。

 こっちの画像の方が、ご飯との比率がわかりやすいかな?

toki70601-2.jpg


 確かに、もう2枚ぐらいは欲しいところではありましたが、すぐ食べたい! の気持ち優先で、うなぎとご飯の微妙な配分をしつつ、本日完食!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 飯を食うなら皿までも, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。