上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ついに「レーションワールドカップ」が本日オークラ出版から発売です!!!

 昨日、手元に届いた時には、嬉しいというより、愛(いと)しい!
 本当に本になったのだと、一つ安堵。
 帯にあるように、本当にガチンコ試食だったと、しみじみ。
 なんだか、いろんな嬉しい気持ちが出てきて、なかなかうまく表現できないです。

toki80228-1.jpg

 
 後ろを開けば、時任の名前がクレジット。
 本当にこの本に携わったんだなぁ~。

toki80228-2.jpg


 こうなると、後は1人でも多くの方に読んで頂きたい!!
 
 「戦闘糧食」というと特殊なジャンルと捉えられがちですが、「食」としての情報誌としての要素もたっぷり詰まっています!
 時任も、この仕事に携わるまではほとんど存在を知らず、そんな時任ではありましたが、「食」としての観点から携わっていくと、各国の比較でいろいろなことがわかって、いろんな視点からたくさんの発見がありました。
 時任は、レーションの試食と まだレーションが無かった時代に食べられていたレシピ再現の担当でしたが、その他にもスタッフが乾パン工場を訪れたり、自衛隊の平常食を取材したり、MREの歴史など、更に「食」ワールドが深く展開しています。きっと、楽しんで読んでいただけると思います!

 知っている人は一層ハマっていただき、知らなかった人には「こんな食の世界もあるのだ」と興味を持っていただければと思っていますので、ぜひぜひ、みなさん読んでくださいね~!!



『レーション・ワールドカップ』
価格は¥1,050(税込)

ご購入はこちらからも可能
アマゾン
スポンサーサイト

 久々に映画館に足を運んでみました!

 今回見たのはこちら、「病葉流れて」。
 亀井監督らしい色調の中で、昭和40年代という空気を作り出し、呼吸をするかのように、そして淡々と人物が描き出されていく。
 ある男をきっかけに麻雀賭博にはまり、その行く末はという展開につながるのですが、後半からどんどん展開が軽快になっていき、最後、この映画で私は爽快感を思わず感じてしまいました。
 大きな展開があるという訳ではないのですが、人物をしっかりと追いかけている丁寧な作りを感じられる作品でした。

toki80225-2.jpg


 最近キレイな映画館が増える中、今回は地下にあるどこか薄暗さの残る映画館で鑑賞。
 映画を見終わった後、まだそのまま映画の中にいるような雰囲気。地下から一歩一歩階段を上がる足取りは、虚構から現実へと静かに空気が変わっていくよう。
 上りきった目の前にある券売所の趣きが、「またお待ちしています」と言っているようで、映画だけでなく、映画館の余韻も残る日となりました。

toki80225-1_20080227152900.jpg

 明日、スーパーニュース『腹ペコシスターズ第5弾』が

フジテレビ系列にて
2008年2月27日(水)
16:53~19:00放送内の
「報道特集」枠で放送です!

※関東ローカルのみ

それに合わせて、先日取材して頂いた『夕刊フジ』が発売されます!
駅売店などで是非!

どちらもお見逃しなく~~!


 「24」の時もそうでしたが、話題になったけどまだ見ていないものを一気にみる時任。今回は「プリズン・ブレイク1」を2日間かけて一気に見ました。
 カーテンを締め切り、食料を買いこみ、また缶詰状態。
 途中、めちゃめちゃ眠くなりながら、なんでこんなに辛いのに見ているんだろうと、朦朧としながらも途中で止めるのは悔しい。見終わると、「次だ次!」と、休まず、また次のDVDをセット。本当に持久走のような感じではありましたが、無事に鑑賞ならぬ完賞。
 果たして、これが息抜きになったのかどうかは置いておいて、達成感をかみ締める「プリズン・ブレイク」となりました。
 が、まだⅡがあるんですよね。ええ、もう借りてあります。

toki80224.jpg

 1/25放送フジテレビ「スーパーニュース」のビックイートシスターで、12/14に初体験をした訳ですが、ようやく放送終了ということで、アップ!

 何を初体験したかというと、ヘリコプターに初めて乗ってきました~! しかもドレスで!

toki80223-1.jpg


 いざ飛び立つと揺れは少なく、快晴の空はまぶしくて、もうたまりませんね!
 ヘリコプターはプロペラの音が大きくて、会話のためにヘッドホンをしたりしますが、意外と無くても普通に話ができました。

 おおっ、東京タワーや六本木ヒルズなど都心のビルが一望です!

toki80223-2.jpg


 もう可名ちゃんと目的地に着くまでも間は、写真取り巻くりです。
 ちなみに、分かりづらいですが、今回のパイロットの方は女性の方で、最初に現れた時には颯爽としていて、かわいらしい顔立ちをされた方だったのですが、ヘリコプターに乗り込む仕草とか、めちゃめちゃかっこよかったです! 

toki80223-3.jpg


 地上だと30分以上かかる道のりが、5分程で目的地に。障害物がないと、こんなに近いのね!
 とはいえ、着地はせず、福原アナウンサー(フジテレビ)に「こんにちわ~」と空からご挨拶をするためだけに、今回はヘリコプターに乗りました。
 しばらく、福原アナウンサーの頭上を旋廻。
 
toki80223-4.jpg


 ロケも終わり、飛行場へ。
 こちらは東京の下町方面の景色。下町の方は、割と碁盤のように並んで建物が立てられているのですが、実際に上空から見て見ると、キレイに家々が並んでいるのがよくわかります。

toki80223-5.jpg


 飛行場は千葉の海岸近くにあり、そちらに向かっています。本当に空にいると太陽が近く感じられる。

toki80223-6.jpg


 ヘリで飛んだこの時期だと、上空に行くとかなり寒いと聞いていたのですが、実際に上がってみると、これだけの快晴だっただけに、逆に直射日光で暑いぐらい。そういうのも珍しいということで、本当に恵まれたフライトでした!
 乗り物大好きな時任には感激の30分のフライト! 今度はヘリコプターから花火をみてみたいなぁ~と、更に欲張った事を思ってしまいました。


 しばらく缶詰になっている間、ほとんど料理を作っていなかったら、完全に感覚が…。

 豚の角煮を作ろうとしたら、生姜を入れ過ぎた上に、味が薄い…違う煮込み料理に変化させてしまった。もう一度、煮込み直せば良いのに、こんなに下手だっけ?と、すっかりその気が失せるというか、自分への不信感が募るようなショックが…

toki80221-22.jpg


 まぁ、たまにはこんな事もありますよ、と気を取り直したものの、まだ続きが。

 普段インスタントものは食べない時任、生麺タイプのカップラーメンとはどんなものやらと作ろうとして、へ~こんな風に作るんだ~と、スープが溶けていくのを見ながらお湯を注いでいたら、“お湯をココまで注ぐ線”を見失ってしまい、スープがたぷたぷ…。
 まさか、インスタントで間違えるとは…一体どこの箱入りさんだよ、と思わず自分でツッコミ。
 なんだか、非常に情けないWパンチ。

 次回は作り慣れたもので、勘を取り戻すぞ!
 今日は満月、卵料理でも作ってみる?

toki80221-11.jpg

 1/25にフジテレビ「スーパーニュース」のビックイートシスターズが放送されました~!
 時任も連絡をもらったのが放送ギリギリだったため、告知もできず…。でも、そんな中でも見てくださった方々、ありがとうございます!
 そして、遅くなりましたが、見られなかった方のためにご報告! 

 今回挑んだのは、プールのようなイケスがあるお店の魚を食べつくして、ベスト3を決めるというもの。

 そのイケスですが、これはほんの一部です。こちらに、時任と可名ちゃんが食べるための魚を移動していただきました。
 手に持っているのは釣竿。食べたい魚は自分で釣ることができます。

toki80221-1.jpg


 控え室には、魚がわからなくならないように、こんなメモも用意。

toki80221-2.jpg


 さてさて頂きますよ~!
 なにやら妙にかわいい顔したお魚でしたが、淡白ながらに旨みのあるお味で美味しい~!

toki80221-3.jpg


 なんでこんなにお皿が並んでいるかというと、一匹の魚が大きいとお造り、煮物、焼き魚、唐揚など部位によっていろいろな作り方をしてくれるから。一匹一皿ではないところが、今回のメニューの多さにつながっています。


toki80221-4.jpg



 そして、背後には、うず高く積まれた食べつくした皿の山! こうして積まれると、自分の食べた量に自分でオノノイテしまいますね…。

toki80221-5.jpg


 そんな中、今回のベスト3は、3位伊勢海老、2位カジカ、そして堂々1位は身の引き締まり、甘みが譲れない天然クエでした!

 延々と食べ続けて、指に箸ダコまでできて、箸を持つのが痛いほどではありましたが、イケスから1匹も魚がいなくなった時には、本当に食べつくした感が募った今回のロケ。
 ご飯ものを食べることが多い中、魚だけをひたすら食べるという、途中で飽きるのではないかという懸念もありましたが、作り方一つで、魚の旨みの引き出し方が変わり、全くそんなことはなく、贅沢な味わい食べつくしとなりました、あ~、本当に幸せなロケでした!

こちらの巨大イケスのあるお店
釣船茶屋 ざうお 新宿店

 あ~~、なんて外の空気は清々しく、朝の太陽が眩しいんでしょう~
 と、日常の風景が解放感とともに、妙にキラキラ見える今日この頃。

toki80220.jpg


 昨日のブログでは、普通の食事に戻れるのかと思っていましたが、案外あっさり普通の生活に復帰。
 とはいえ、無意識のうちに、肉ではなく魚を食べたいと思ったのは、素直な体の欲求、というよりも要求なんでしょうね。

 見た目ボロボロですが、煮魚~。薄味ながら醤油と砂糖の甘さが良く染みていて、なんとも言えない優しさに体が包み込まれる。この程よい加減が日本らしいな~としみじみ。

toki80220-1.jpg


 大好きな「穴子の照り焼き」を頼めば、ふっくらとした淡白な身とタレの濃厚さが口の中で溶けるように無くなっていく~!

toki80220-2.jpg


 今がシーズンの牡蠣を松前風に昆布のとろみを加えていただけば、濃厚な牡蠣のミルクのような甘さが広がる!

toki80220-3.jpg


 こちらは姫さざえ。醤油とさざえの塩味で磯の香り満喫! おっ、尻尾までクルンと取れた! なかなか全部が取れることって少ないから、四つ葉のクローバー並に感動。

toki80220-4.jpg


 あ~~、満足。ようやくまともな食事をした気がします。

 各国の味を食べつつ、文化や習慣など、いろいろ頭にギューギューに詰め込まれた年末からの日々でしたが、ようやく解放されたことを、しみじみ。
 2月末に出る本は、日本人の時任が食べているので、主観的な部分もあるかもしれませんが、時任が食べる味覚の内容を楽しみにしてもらえたら、めちゃめちゃ嬉しいです!
 あとは無事に本が店頭に並ぶことを祈るばかりです~!

あ~~、広い空だ~

toki80219-1.jpg


 こんなに広い世界があったのだという言うことを、すっかり忘れているぐらい、缶詰を食べるために缶詰になるという、パラレルワールド化していた時任、ようやくパッカンされました~。

 とはいえ、各国のレーションがこのように積まれたまま…。これも、部屋の一部で、まだ散在しております。

toki80219-2.jpg


 ちなみに、缶詰になっていた時の食事はこんな感じ。
 こちらは、味もボリュームもしっかりとしたドイツ。

toki80219-3.jpg


 こちらは、メモ書きにもあるように、パテやチーズが充実したデンマーク。
 後半、画像は撮っていても、どの画像がどれかわからなくなってきて、レポートを書くメモと一緒に撮るようになってきました。

toki80219-4.jpg


 国によっては、野菜類が充実していたりするのですが、効率的にエネルギーにするために高カロリーの内容のものが多く、野菜などのビタミンなどは飲み物だったり、錠剤だったり。
 相当、今の時任の体の中は偏っているんだろうなぁ~と、そんな事を考えていたら、ふとマクドナルドを食べ続ける「スーパー・サイズ・ミー」を思い出してしまった。
 不思議なもので、この生活に入っていた時には、レーション以外食べる気にならず、普通の食事にあまり興味がなくなっていました。果たして、普通の食事に復帰できるのか??

 ここ何週間か、取りかかっている仕事のため、睡眠時間は仮眠程度。起きられないといやなので、そのままパソコンの前で寝たりと、早く布団でまともに寝たいと切望する日々を送っています。
 今している仕事は、本を作るという仕事。当初は、本当にお手伝い程度だったのですが、あれよあれよと言う間に今回ライターデビューすることに。以前、雑誌にコラムを書いたことはありますが、自分の事を伝えるのではなく、モノを伝えるということは全くの別物で、悪戦苦闘という言葉がこれほど頭の中でぐるぐるすることも、めったにないぐらい。あ、あと、七転八倒も。

 内容は、兵士が食べる食事・レーション。世界各国のレーションがどういったものなのか、食べて、比較などしながら、ご紹介する本になります。軍隊ではないけれど、日本の自衛隊の食事もとりあげています。
 その中で、時任の担当は食に関すること。アメリカからはじまって、ヨーロッパ、アジアの味を食べつくし、その感想をまとめることをメインに、食事をカメラに収めるための撮影関連、資料集め、翻訳などなどなど…。
 長らく女優業はやっていますが、出版関係は全く無知。専門用語のひとつひとつが何を意味するのか、毎度確認。「聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥」なので、本を作る流れまで学習、という予想以上に詰め込み作業になっています。
 文章を書くことは、ブログでもやっているので、多少の抵抗感で済んでいましたが、自分の書く文章が本になるというのは、100年先まで残る製品に名前を付けて下さい、と言われているかのような緊張感です。
 文章に関しては、メインスタッフの方に直して頂いていますが、味の感想などは、かなりそのまま使われているので、読みごたえあると思います。 

 「味見」ということは自宅で行っているので、今、各国レーションが山積み。デンマークはどこだ? 確かオーストラリアにはあれが、なんて言いながら、積み重ねられた箱の山の中で生活。
 一度に何食分もある場合は、完食している時間がないので、そのまま冷蔵庫に。

toki80213-1.jpg


 わかりづらいですが、韓国やオーストリア、イスラエル…いろいろな缶詰や食材が並んでいる、かなりのレーション・パーティ状態。

 今回、時任の顔は出ませんが、手タレさんではないですが、手は出ています。

toki80213-2.jpg


 こうして、ひとつひとつ箱の中から出したものを撮影するときに、見えづらいものを時任が「これよ~」という感じで、持っていたりします。

 そうそう、なにやらご好意で名前がクレジットされることになりました。当初、そんなに関わると思っておらず、影のお手伝いぐらいに思っていたのですが、しっかり、どっぷり食い尽くした結果、名前が載ることに、うれしい~~!

 こちらの本は2月末にオークラ出版から発売予定でタイトルは「レーションワールドカップ」。
 本当はブログを書いている余裕はないのですが、ちょっと枠のないところで書きたくなって、こっそりアップ。

 昨年末からではありますが、映画などのように名前はクレジットされませんが、形にする、今までは全く違う仕事をしています。

 とにかく、時間に終われる毎日。
 なかなかブログもアップできず、その間に都内では雪も降り、

toki80201-1.jpg


 大食いのビックイートイスターズの放送が突然あり(これは、後日アップしますね)
 そして、髪はどんどん伸び続け、あ~~、バッサリと切りたい! という衝動にかられています。

 時間に終われながら、仕事の移動中、目に映る景色に一瞬、気持ちが別世界に逃避行する。

toki80201-2.jpg


 流れていく景色、絶え間なく流れていく時間。

toki80201.jpg


  時間よ止まれと思いたくなるが、確実に時間が進むことで、確実に結果に向かって進んでいくことができる。
 
 まだ、しばらく、時間との競争のような毎日になりそうですが、みなさんにお見せできる形になったら、アップしますね!
 見て貰えるように、頑張りまっせ~!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 飯を食うなら皿までも, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。