上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 シーチャは28日に無事に退院しまして、二人の生活が始まっています!

 家に帰ると、しばらくは嬉しそうに駆けずり回っていました。

 よく、子供返りといいますが、ママ猫のおっぱいを求めて、タオルでちゅぱちゅぱやっていたのですが、ここしばらくは、しょっちゅう。
 お気に入りのタオルにしがみつくように、ちゅぱちゅぱしています。

toki81031.jpg

 入院中、寂しくさせてしまった反動か、心が痛みます…。

 まだ、傷口を舐めないように、カバーをはずせないので、家に帰っても思うように動けませんが、布団の上で、ぐっすりと眠れているようなので、それは安心。
 夜は私にぴったりくっついてきて、一緒に寝ています。

 彼が傍にいるだろうな、とは感じていますが、時折、シーチャが空(くう)を見つめて何かに反応していたり、私の肩越しに何かを見つめている時は、ちょっとビビりますが。

 先日は、たくさんの「なぜ」を、自分があの時に、こんなことを感じたという、記録の意味も込めて書きました。
 25日の日記にも書きましたが、彼はたくさんのヒントを私にくれたので、ほぼ「なぜ」は解決。他の方がどれぐらいの期間で、あれらの「なぜ」を解決されるのかわかりませんが、私なりに「なぜ逝ったのか」が解決されているので、気持ちは穏やかです。
 ぽっかりとした空虚感もなく、寂しさもなく、極めて普通。
 こういう状況で、強がることほど、自分にストレスを掛けることはないですし、強がることほど、こういう場合意味がないと思うので、その辺りはバランスをとって、人が亡くなったことへの悲しみを一通り経て、たどり着いている感じです。

 その代わり、まだ一週間ほどしか経っていないのですが、一ヶ月ぐらい経っている感覚です。それだけ、凝縮して私の中で時が流れたのでしょうね。

 人はいずれ死ぬもの。
 私も、この年齢で夫を亡くすという経験にも意味がある。
 全てを糧に、今日も生きますよ~!
 
 
スポンサーサイト

 なぜ、こんなことになったのだろうと、本当にたくさんの『なぜ』がありました。
 彼が亡くなった当日から翌日にかけて、時任が感じていたことを書きます。

 彼を見つけた時、なぜ、こんなことになったのか。
 彼の顔に手を触れると、まだ頬は柔らかいのに冷たい。
 どんなに温めようとしても、戻らないのは、なぜ。

 最初は、彼がいなくなったことさえ、わかりませんでした。
 時間の感覚がなくなり、気が付けば、とても時間が過ぎていた。
 何時に人が来る、と聞かされても、それがどれぐらい後なのか全くわからない。
 5分後、という感覚は持てるのだけれど、それ以上は、なんど時計を見ても、今私がいる時間軸が入ってこなくて、わからない。

 夜、シーチャのごはんのために、1回目、自宅に戻る。
 葬儀屋さんに用意してもらいたいと言われた写真を探す。
 なぜ、私は彼の遺影を探しているの?
 ほら、こんなに笑ってるよ。
 そうそう、ここ行ったね。今度はあそこへ行こう。
 そんな会話が耳の奥に響く。
 どの写真が良いかみんなに見て貰うと「この顔は笑ってるね、いいね」と、私が彼を撮った一枚が選ばれた。
 もう逢えない笑顔を撮ってしまったのかと、複雑な心境。
 あの笑顔を撮っていなければ、遺影になんてならなかったのに。

 朝、またシーチャのごはんのために2回目、自宅に戻る。
 彼の手に数珠を握らせるため、数珠を探す。
 そうそう、以前法事で、あなたの数珠の場所がわからなくて、私、持って行けなったことあったね。
 今度は大丈夫だよ。
 一緒に閉まってあった私の数珠も取りだす。
 そして、自分の喪服の用意をする。
 なぜ、あなたのために、今私は喪服を着ることになったの?
 なぜ、私が喪主なの?
 なぜ、あなたの棺に入れるために、あなたの大好きなものを選んでいるの?

 確かに、私が死ぬより、あなたが先に死ぬほうが安心だと思ってたよ。
 その日は突然くるというが、まだ頭は回らない。
 きっと、心の防御作用のおかげだろう。
 あ、まだ、あなた栗ご飯、全部たべてないでしょう。
 冷凍してあった栗ご飯を急いでチンして、彼のためにおにぎりにして一緒に持って行く。
 不思議な日常の延長。
 まだ、数時間前まで行われていた生活を維持しようとして、自分がどこにいるのか、私があなたにとって、どんな存在であったかを確認しようとしている気がした。

 霊安室に戻る。
 彼の着替えがはじまる。
 白装束、意外と似合っていると思ってしまったのは私だけだろうか。
 少し早いハロウィンの仮装、「驚いた?」って言って、起き上がればいいのに。
 
 髭剃りと、顔色を明るくするメイクを手伝う。
 髪を梳かしてあげると、一ヵ所引っかかる。
 固まっている。
 その位置は、横になっていたとき、目の位置にあった髪の毛、涙の跡。
 早く気づいてあげられなくて、ごめん。

 なんでしょうね…。
 棺に入れるもの。
 彼の洋服の一式を着せてあげるかのように全ていれる。
 Tシャツ、デニム。
 汗をかいた時用に、デニムの後ポケットにハンドタオルを入れる。
 ここだよ、ここ、わかった?
 Tシャツの着替えと、寒くなった時用の上着。冬でも履いてたビーサン。
 時計も忘れずにね。
 本も、一緒に入れておくね。
 あ、カバンを持って来るのを忘れた…。
 まぁ、私らしい、ということで。
 そうそう、美味しいものがあったら、ご飯が食べられるように、お揃いのお箸、入れておくよ。
 私の分も入れておくのは、美味しいものがあったら、私にも食べさせてね、ってことだよ。
 左利きだった彼の左手の下に入れた。

 あの人が向かう世界がどんな世界か、具体的にはわからない。
 でも、あなたらしく、いられるように、身支度を整えた。
 妻だから、わかること、できることを、淡々とこなす。
 死んでいようが、あの人に対して何かをしてあげられていることが嬉しかった。
 この肉体が無くなれば、もうしてあげられないから。

 棺の蓋が閉められる。
 そうなると、もう、彼の顔に触れることができない。
 彼の棺に頬杖をつきながら、プラスチックの窓越しに、ただ眺めるだけ。
 
 トイレに行こうと霊安室を出ると、私の足がピタっと止まった。
 横を見て見ると、扉の向こうに、黒塗りの車が止まっている。
 
 この車が、彼を連れて行く。

 時間、時間、時間。冷酷に時間が流れているように思える。
 でも、この悲しみと苦しみは時間しか解決できない。
 いっそう、もっと早く流れてくれればいいのに。
 でも、時間は正確に流れていく。
 その、時間に身を任さなければ。

 行く時には、大きな遺影を持った。
 帰りには、壷に入った彼を持った。
 彼を抱えているという実感はない。
 全てが幻影に見える。
 彼が泣いているかのように雨が降っていることさえ、気づいていなかった。
 
 彼を連れて家に戻る。
 親戚の方々も一緒にお線香をあげるためにやってきた。
 なぜ、こんなに家にたくさんの人がいるの?
 なぜ、うちに祭壇ができあがっているの?
 いつか、みんなをうちに呼ぼうね、って話したけど、なぜあなただけいないの?
 なぜかしらね。

 頭でわかっていても、心が拒否するから『なぜ』が出てくる。
 でも、徐々に頭と心が近づいてくる。
 寝ていないことも、食べていないことも思いだしてくる。
 食べなければ。
 ようやく、二人きりになれた時、なぜが見えはじめてきた。
 
 あの朝の出来事により、一週間前まで普通に過ごしていた延長が断ち切られたような気がした。
 でも、式も終えて、部屋に戻ると、まだ続いているような感覚。
 ただ、目に見えないだけ。
 寂しくないのか、と言われたら、存在していた記憶があるから、あまり寂しくない。
 逆に、彼の方が全く別の生活になるわけで、その方が戸惑うような気がしました。
 今の私は、彼と守りたかった日常を、ただ変わらず過ごすだけ。
 
 また、そこから、いろいろ見えてくるように思えます。
 人には、慣れる、忘れる、という便利な機能がある。
 そして、受け入れる、という思考回路も。
 ということで、改めてですが、時任、未亡人になりました。

 目に見えるものが美しい。
 私は生きているのだと、しみじみ思う。

toki81028.jpg

 最期のお別れに、シーチャも霊安室にも連れてきてあげたかったのですが、ストレスになることを考え、ずっとお留守番。病院が近かったこともあり、エサをあげに帰ったり対応できていたのですが、彼の実家へ行っている間はお留守番をどうしようと考え、今回、年齢も六ヶ月になり、避妊手術を受けさせる時期だったこともあり、入院させることに。

 風邪を引いて以来の病院。
 また、病院に連れてこられた…と、神妙なシーチャ。

toki81026-1.jpg

 2日後、無事に時任、東京に帰り、手術を終えたシーチャの面会へ行くと、まだ麻酔が残っていて、とろ~ん。

toki81026-2.jpg

 なんだか、かなり、くつろいでいるご様子。
 不安な顔などしていたらどうしようかと思いましたが、よかった、良かった。

 toki81026-3.jpg

 そして、手術の翌日。
 再び面会に行くと、手術をしたとは思えないほど、元気に。
 ゲージの扉を開けてあげると、隣が気になって出ようとまでする。
 あぶないっつ~の!

toki81026-4.jpg

 今は、傷口を舐めてはイケないので、まだしばらくは、首の回りにガードを付けていないといけないので、それがちょっと不便そう。
 傷口は痛々しそうですが、普通にいつも通り動けるようになり、うちに帰っても大丈夫そうだと思えて、安心! あとは、退院を待つのみ!
 
toki81026-5.jpg

 パパさんの姿のない家に帰るのは寂しいけれど、パパさんはいつでも呼べば来てくれるから大丈夫よ。

 今年1月1日に時任は入籍しました。そのことを、1月4日にご報告させていただきました。

 そして、本日のご報告は、10月22日の早朝、事故のため、主人が他界しました。

 無事に葬儀を終え、彼を旅立たせました。

toki81025-1.jpg


 突然の事故でした。私が寝ている間に酔っ払い、頭を打ち、打ちどころが悪く、救命士の方々には手を尽くして頂きましたが、その身体は冷たく、命が還ることはありませんでした。

 私の仕事のスケジュールを親戚の方々も考慮して下さり、式と火葬を無事に済ませることができ、今は四十九日を待つ状態です。

 なぜ、私が彼と会い、なぜ結婚したのか、そして、結婚生活は10ヶ月という短さで終えなければならなかったのか。

 正直、結婚生活も、彼が39歳という年齢的にも早過ぎますし、なぜがたくさんありましたが、優しく気を配る主人はたくさんの解決するヒントをくれました。
 最期まで、私を愛したまま亡くなった彼の愛情が死後まで続いていることを感じぜずにはいられないことが、たくさんありました。
 短い間でしたが、人の寿命は長さではなく、濃密度。私に注ぎたかった一生分の愛を与えてくれたと、与えてくれたヒントにより改めて感じ取ることができました。
 それも、憎らしく辛い事ではありますが、誰よりも彼に対してのなぜを感じ取れることで、私も彼を愛していた事、決して短い結婚生活ではなかったのだと思えます。

 時任の時は時に任せるの時。でも、新たな意味が加わりそうです。時は三次元であり、濃密度を含んでいるということ。
 ご心配されると思いますが、これほど立ち直りが早いのかと驚かされるほど、時任の、常に前に進まなければという心が働き、前に進んでいます。
 こういう事態になり、周りの方からは当然心配され、1人にさせて大丈夫かと思われていますが、気づかされることは、それだけ私を心配してくれる友人、仲間がいることです。私が築きあげてきたものがあるのだと、実感します。
 公私関わらず、どれだけ恵まれた環境で私が仕事をさせて頂いているのか、生かされているのか、感謝という言葉に尽きます。だから、私が仕事を続ける事ができているのだと。

 お骨は彼の故郷に帰ることになり、1人で持つには重いし、親戚の方が同行しようか、といろいろ言って下さいましたが、彼を故郷に帰してあげるのも今回のお役目だったように思え、仕事を終えた翌日、彼を我が家から抱え、二人でお弁当を選び、二人で見る東京の最後の風景を楽しみながら、彼の家族の元へ連れて帰りました。

 親戚のみなさんで、彼の好きだったお店のお好み焼きを買いに行きました。
 焼いているのをみると、まるで『お好み焼き畑』。

toki81025-3.jpg

 私は生きている。
 そして、今日も食べて、寝て、存在している肉体があることを実感する。
 悲しむよりも、残された人生をより生かすため、彼がこの世での役目をしっかりとやり遂げたように、私もこの世で成さなければならないことをやり遂げるため、生きていたいと思っていますので、みなさん、よろしくお願いいたします。

 本日は2つの現場へ行ってきました~!
 しかも、どちらもお母さん役。

 こちらは、先日衣装合わせに行った水曜ミステリー『鉄道警察官・清村公三郎6 SLニセコ号~北の大地に恩讐の汽笛が響く(仮)』です。
 支度も終わり、呼ばれる待っております。

toki81024-1.jpg


 撮影は、予想より早く、サクサクサクと終わり、拍子抜けするぐらい。

 お陰で、本日は雨も降っていましたが、余裕を持って次の現場へ行くことができました。

 こちらは、10/27から毎週月曜日の深夜1:30から放送の「未来世紀シェイクスピア」の撮影。
 時任は第3話に登場します! あと、ちょこっとだけ、第4話のはじめにも出ますので、2週楽しめます!

 こちらは、とってもラブラブ夫婦で、子供が4人もいる役。お父さん役の諏訪太郎さんと、ラブラブパワー発散中です。

toki81024-2.jpg

 残念ながら、こちらは関西テレビのみの放送になっていまして、私も放送ができず…。
 が、DVD化は決定しているとのことなので、見られない方は、まだ先ですが、楽しみにしていただければと思います!

 第3話11/10、第4話11/17日放送予定です。

『未来世紀シェイクスピア』

 今回は、全く年代も背景も違うお母さん役。一日でこんなに体験できるのは、やっぱりおもしろいな~~、と移動は大変でしたが、楽しんでのロケ。
 サスペンスの方はまだ、放送日は未定ですので、みなさんにみてもらえるように、わかり次第、アップしますね!

ここ数日、ロケに行ってきました~

 が、急遽、撮影中に放送されないことが決まり、放送されることはなくなってしまったのですが、撮影中のこんなようす。

 今回、ウィッグをつけるシーンがあったのですが、むむ、このストレートヘアの感じ、ハイキングウォーキングのQ太郎さんぽいかも。

toki81021-1.jpg

 こちらは、クリスマスのシーンを撮るというので、丸々でっかいケーキを共演者のあんちゃんと。この画像の撮影後、食べてよし!の了解得た途端、苺が見事になくなりました。

toki81021-2.jpg

 夜景の見える、銀座近くの高級料理店で、プロポーズを受けるシーン。
 キザでベターな場所だけど、ロマンチックでもある、こんな風景。

toki81021-3.jpg

 そんな高級店で出されるデザートの柿は柿の器に入っていました!
 お、今年初の柿だ~~! 撮影が終わると、完食!

toki81021-6.jpg

 今回、荷物をキャリーに積み込んでいる時、さて、荷物を入れるかな、と思ったらシーチャが入ってました。
 シーチャが寄りかかっているのは靴箱。

toki81021-4.jpg

 そのまま連れてくぞ~、と出そうとするのですが、ぐずって、いやいや~

toki81021-5.jpg

 そんなカワイイことしてもだめ~、ということで、深夜に強制退去の一幕も。


 ということで、ここ数日の時任はこんな感じでした~。
 さ~て、次のお仕事頑張るぞ~~!

 ふ・ふ。ふ~、ふぐがキターー!
 ふぐのフルセットを頂いたのですが、さてさて、この量、どうしてくれよう~!

 ふぐ刺しはお箸で、さらって、ポン酢につけて、パクパクパクパク…!
 無くなるのは早いが、でも、この一気に食べる感が、極み!

toki81018-1.jpg

 そして、刺身を食べている間に、身やアラは鍋にしてクツクツ煮込む。
 淡いふぐのダシが出て、思わず、その味を生かしたくて、お塩を掛けて頂いてみたり。

toki81018-2.jpg

 最後に、雑炊で締めると、気持ちも身体もぽっかぽか!
 我が家でふぐ三昧なんて、し・あ・わ・せ~
 ご馳走様でした!!

 さすがに、この歳で時任の歯は抜けないですが、シーチャの歯が抜けました!

toki81017.jpg


 この前グラグラしていた歯は、とっくに抜けて、永久歯が活躍中。
 猫は、ご飯を食べている時などに、カリカリドライフードと一緒に抜けた歯を食べてしまうらしく、抜けている歯を発見できずにいたのですが、このたび、引っ張ったら抜けた! 乳歯確保!

 さすがに手にすると、捨てることもできず、成長の証、ということで保管。

 店頭で丸々と大きな栗、発見!
 思わず衝動買い。

 が、買ったものの、皮を剥くことを考えると、なかなか時間に余裕がなく、寝かせること1週間。
 ようやく、覚悟を決めて、栗と言えば、栗ご飯!!
 と、自分の中の栗料料理の定番を作ることに。

 買ったのも衝動的だったが、作るのも衝動的で、思い立ったのが23時。
 なんでこんなに夜中に作ろうと思ったのか、当然理由はありません。

 お湯に浸して、皮が柔らかくなったのを見計らって、いざ!
 渋皮に苦戦しつつ、1個1個、包丁で剥いていく。
 最初は、栗の中身を切り取り過ぎないように注意していたのですが、20粒近くあると、だんだんそうも言っていられず、最後の方では、ザクザクと豪快に包丁を入れて、30分かけて、皮剥き完了!
 うおぉ~、これだけで疲れた~~~

 toki81016-1.jpg

 それでもめげずに、下味つけるために煮て、よいしょ、よいしょ
 ようやく炊飯器のスイッチを押せました…

 炊き上がるころ、くんくんと良い香りが部屋中に漂ってくる。
 おおっ、いいね、いいね、期待感高まるね~
 そして、炊き上がったのがこちら!

toki81016-2.jpg

 あまりにも炊飯器一杯で、かきまぜられれない…

 器に盛って、まずは試食!

toki81016-3.jpg

 湯気が立つ、ふわふわご飯に乗っている栗を割ると、ホクホクの栗の香りがふわ~~
 自分で作ると、こういう出来たての香りが味わえるのが醍醐味!
 食べて見ると、しっかり栗の味わいが余韻を残してくれる。
 あ~、幸せ~
 
 時計を見ると、完成時間、夜中の1時…
 秋の夜長~、と言うことで、ええ、食欲の秋ではなく、料理の秋っていうことで!

 本日は水曜ミステリー『鉄道警察官・清村公三郎6 SLニセコ号~北の大地に恩讐の汽笛が響く(仮)』の衣装合わせに行ってきました~
 昨日とは、打って変わって、今回の役は主婦。

toki81015.jpg


 衣装合わせに行くと、私の子供役の子がいて、「ママの時任ですよ~」とご挨拶。
 ふとすると、養子縁組のような光景ですが、毎回子役の子と会うと、母と子の対面で、こんな挨拶をしています。

 2時間サスペンスものだと、毎回のごとく殺されている時任ですが、果たして今回は???
 放送日などはまだ未定ですので、わかり次第、アップしますね!

 

 中山エミリさん主演のお昼のドラマ「Cafe吉祥寺で」のロケに行ってきました~!

 今回は、ある架空の国の大使の通訳として登場です!
 なので、どのように通訳をしたらよいか、大使役のブレイクさんと、11日にあったリハーサルの時から、念入り打合せ。
 ブレイクさんは普通に日本語を話せる方だったので、今回、本当に助かりました。
 ブレイクさんには、台本に書いている難しい漢字を訳し、逆に私は英語にした方が良さそうなセリフを教えてもらったりと、ミニミニ英会話教室状態。

toki81014-1.jpg

 こちらは、無事にロケを終えた後のようす。本番の時には、ごらんのように屈強なSPの方も一緒。
 撮影の間、カメラが止まると、私の周りだけ英語圏に。たまに、私に話が振られるけれど、ううっ、私は役柄は通訳だけど、時任さん、英語はしゃべれないっす~。ということで、フツーに日本語で返答してました。

toki81014-2.jpg

 こちらは、今回共演させていただいた石川季子さん!
 今回は長いシーンだっただけに、終わるとクタクタに。でも、無事に終わって、良かった良かったの、笑顔の二人です!
 
toki81014-3.jpg

放送はテレビ東京系列で12/5の金曜日、時間は11:50~12:26放送予定!

他の放送局は、
テレビ北海道
テレビ愛知
テレビ大阪
テレビせとうち
TVQ九州放送
に、なります。

みなさん、お見逃しなく~!

『Cafe吉祥寺で』公式サイト

本日は「行列のできる法律相談所」が放送されました!
見てくださったみなさん、ありがとうございました!


今回は「育児休業」についての話で登場、ということで、訴える、訴えられるという内容ではなく、この場合はどうなんでしょう? という疑問系のVTRに登場です。

設定はスーパーのパートさん。

こちらは、撮影風景。
スーパーが閉店するのを待ち、カメラをセッティング。
時任は、こちらで実際に使われているユニフォームをお借りしての撮影。
しかも、今回はメガネを掛けての登場です~!

toki81012-2.jpg


パートでも育児休業が取れるらしいが、ということで、これから育児休暇があったら助かる妊婦さん役。
丸々としたお腹を「立派でしょ?」と、共演した西村紗也禾さんと記念撮影~。

toki81012-1.jpg

二人して、自然と妊婦さんのような歩き方になっているのを、二人で笑いながらの撮影でした!

 自宅でくつろぎ中に、足を動かしたら痛みが走った。
 うおぉぉ、なんだ~~!

 と思ってみていると、ホチキスの針が足の小指にツプっと刺さっていました…
 なんで、こんなところに…

toki81010.jpg

 あ~、先日書類を整理した時に、はずした針が見つからないと思ったら…
 はい、すぐに捨てなかった私が悪かったです、と反省しながら、くいっと抜いてゴミ箱へ。
 シーチャがその様子を、不思議そうに見てました。

 朝、支度中の八百屋さんの前を通ると
 「焼芋はじめました」の文字。

toki81009.jpg 

 私の中では、焼芋は「冬」のイメージなだけに、はやっ!と思ってしまうのですが、確かに秋の味覚。
 ふわ~っと湯気の上がる、黄金色に透き通るあのホクホク焼芋、早くこの手にしたい!

 何かぶらさがっているな~ 

toki81004-1.jpg

 と思って近づいてみたら、かぼちゃでした…

toki81004-2.jpg

 育ててそうなった訳ではないと思うのですが、普通のお宅の塀にかぼちゃが成長している姿は、ちょっと妙な感じでした。

 加賀梨を今年も送って頂きました~!

toki81003.jpg

 瑞々しい味わいを、ありがとうございます!
 毎年、送って頂いていると、届くと秋だな~と思える楽しみまでいただけているようで、感謝です! 

 時任、自分が出演するだけでなく、新人の子たちに芝居を教えるレッスンの先生もしております。
 その生徒たちが、レッスンが終わったらなにやらバタバタとしている。
 何かと思ったら、ケーキが出てきた!!

 しかも、プチケーキに丁寧にろうそくが立てられている!
 そんなサプライズがあるとは思っていなかったので、自分の誕生日ということよりも、生徒たちのそんな気配りに、思わず感動。

toki81002-1.jpg

 中には、個別に美味しいチョコレートのプレゼントを用意してくれている子もいて、なんだか思わず目頭が…。
 ちなみにこのチョコレート、日本ではなかなか手に入りにくいらしく、わざわざ食べるのが好きな私のために買いに行ってくれたとのこと、嬉しすぎる!!

toki81002-2.jpg

 ケーキはみんなで分けたので、あっという間になくなりましたが、こちら記念のバースデープレート!
 しっかりと「時任先生」と書いてある。いつもは、「先生」と呼ばれている訳ではないだけに、余計に照れますがな~

toki81002-3.jpg

 みんな、ありがとうです!

 ようやく、9/1撮影したCMの発表です!

 リニューアルされたヤクルトの「蕃爽麗茶」のCMです!
 本日10/1より1年間、放送予定です!

toki81001.jpg

 「蕃爽麗茶」は、血糖値を下げるトクホ商品。
 撮影中は、コレストロールの高さな上に美味しそうな食事を食べて、食べて、そして「蕃爽麗茶」を飲んでいたので、撮影終了後にはお腹一杯に。
 お腹一杯の一番の原因は、撮影以外では飲まなくていいのに、時任は「蕃爽麗茶」が飲みやすくて、結構好んで飲んでいた、ということもありそうです。

 「蕃爽麗茶」は、漢方茶のように苦味がありますが、飲んだ後に後味がすっきりとするするので、脂っこい食事にも最適ですし、和洋中などいろんな食事に合う味なので、時任はおすすめです!
 
 ということで、9/1に撮影したのは、お茶のCMでした!
 たくさんの人に見て貰えると嬉しいな~!
 詳細などは、下記の公式サイトなどをチェックしてみてくださいね!

ヤクルト公式サイト

↓ こちらのサイトで10/6からCMを見る事ができます!
「蕃爽麗茶」公式サイト


 そして、本日は、先日お騒がせしまして、大変申し訳ありませんでしたが、新しくネーミングが決まったファンサイトの始動でもあります!
 ちなみに、ファンサイト管理さんUkiHideさんのお名前も「せばすちゃん仲村」に新しく変わるそうです~!

時任亜弓ファンサイト
http://imuya.net/AYUMIX/


 メルマガも新たに始まりますので、今まで「はぴっぽ通信」に登録されていた方は変更になりますので、よろしくお願いいたします!

 それに伴い、時任のSTOICもアドレスが変更になりますので、「お気に入り」などに登録されている方は下記アドレスに変更をお願い致します!

時任亜弓オフィシャルサイト「STOIC」
http://imuya.net/STOIC/

 時任のサイトともども、よろしくお願いいたします!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 飯を食うなら皿までも, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。