上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで、大空が狭いぐらいに、飛び立とうとする鳥の姿のような雲。

toki0730.jpg

このダイナミックさに、しばらく立ちすくんでしまいました。
スポンサーサイト

本日は、オニオンスライスという坂上忍さん劇団の公演を観に行って来ました~!
一緒にいったのは、このブログにもよくコメントしてくれる女優仲間の小沼寿恵ちゃん。

前回、寒い時期に「ブラック・オニオンスライス」ということで、番外編を観に行き、舞台公演としてあそこまで堂々と大人ネタをする劇団の本公演は、一体どんなものなのか?? という興味のもと、行って来ました。

場所は下北沢・シアター「771」

toki07292-1.jpg

こちらが、今回のフライヤーです。
かなりインパクトありますよね。
その裏面は、もっとそそられるインパクトで、お見せできないのが残念です。

toki07292-2.jpg

基本的に10個ほどのコントが繰り広げられるのですが、とにかく長いセリフが多いです。それも見ものだったりします。
お約束のように、大人ネタもありつつ、繰り広げられる世界の展開は、このキャラクターだからこそ成り立っているという、劇団員の個性の豊かさと、話の作り方の作り込まれ方が面白かったです。

見ものだったのは、まさに今回の公演タイトル『限界』に迫る、女同志の友情を、実際にガチンコでウイスキーをストレートで飲みながらヒートアップさせていくコントは、見ている方がヒヤヒヤするような状態で、果たして、残りのスケジュールをこなせるのだろうか?と心配になるぐらい。(舞台後の打上に行ったら、彼女たちと会うことはできませんでした…大丈夫だったのだろうか…)

とにかく、芝居だけでなく、肉体すらも極限目指して舞台で挑戦を繰り広げるオニオンスライス、機会があったら是非!
ただ、テイストとして好き嫌いがはっきりわかれるところだと思いますが、時任はおいしくて好きです。

舞台を見終わり、久々再開の寿恵ちゃんと、下北の街で!

toki07292-3.jpg



まだ日程がありますので、興味を持たれた方はこちらをご覧頂ければと思います!

コントレンジャー オニオンスライス

『カチョカヴァッロ=Caciocavallo』

toki90729-1.jpg

 最近、店頭で気になっていて、買ったチーズです。


toki90729-3.jpg


 イタリア南部やシチリア島に古くから伝わる製法で作られていて、紐で結わえて吊し、乾燥熟成させるために、この形になるそうです。

 袋から出して、何か外装フィルムでも付いているのかと思いきや、いきなり生の状態がこれ。
 さて、どうやって切ろうかと言う楽しみが一層増えた感じでした。

 味はモッツアレラチーズを硬くしたような食感とともに、淡白です。
 焼いても、そのままでも美味しく、この大きさなのに、あっという間に消化。
 次はどうやって食べようかと、今から思案中です。

toki90727.jpg

雲がムクムクです。

空をダイナミックに動き回る雲たちの動きは、見ていて飽きない。
気持ち良さそうに動き回るから、私もあの空に溶け込みたくなる。

この日の夕方、夜になるのを嫌がっているかのように、いつまでも雲が夕日を受けてピンク色に染まっていました。

時折、雨が降ったものの、止むと夏の空を楽しむように、またムクムクな白い雲が夜空を漂っている光景は、夏のエネルギーを持て余しているように見えました。

 古い建物の軒下を見てみると、看板が。

「でんわ でんぽう」

toki90726-1.jpg

 昔は、このお店で電話を貸したり、電報を打っていたりしたのでしょうか。
 今はもう、締められたお店ですが、なんだかノスタルジックの光景が、この看板で目の間に広がるようでした。

 電車待ちをしているときに、ホームにふと目を落とすと、あ、エコマーク。

toki90723-2.jpg

 自分たちが出したゴミが、こんな風に目に見える形でリサイクルされているのがわかるって、嬉しいです。

toki90723-1.jpg

 キャンプの翌朝、火を使わせてもらえるということで、朝食もバーベキュー!

 買出しの時にどう~~しても食べたかったポークリブ。
 塩・コショウ・そしてニンニクをスリスリして、ドーンと鉄板にのっけちゃいました!

toki90720.jpg

 まぁ、この画像では鉄板がスカスカですが、この後、昨晩の残り野菜やら、肉、海老、フレンチトーストと続々と食材投入。

 本当に、バーベキューのこの豪快さがたまりません!
 
 満足満足で、少し早めの夏休み満喫でした!


山梨県にキャンプに行って来ました~~!

 時任にとって、この時期、山梨と言えば「桃」なだけに、あ~~、桃狩りしたい~~と、桃園の横を通るたびに、う~~狩りたい~、と唸っていましたが、その分、しっかりバーベキューで楽しんできました。

 今回は、10人ということもあり、鉄板に食材を並べても、まだ足りない状態で、続々と食材が放り込まれる状態。
 メンバーが、魚を釣ってきてくれたこともあり、メニューは肉・魚・野菜が混在状態。

toki90719-1.jpg

 こちら「レーション・ワールドカップ」でレシピを担当したこともあり、大人数の時に是非作りたいと思っていた「カルピス」!
 コップの後ろにあるのが、鍋一杯にできたカルピスの原液約18名分です。
 
toki90719-2.jpg

 さてさて、いただきます~~!

toki90719-3.jpg

 こちらは、先日ネットラジオでも放送した、出番を待ちかねていたバケツプリンこと「ギガ・プリン」です~!
 川の水の温度でもしっかり固まってくれました~!
 その量、20人分がこちらです。
 って、スプーンが大きすぎて、比較がわからない…。

toki90719-4.jpg

 夜も更けてきて、さて、花火をするかと、大量に買い込まれた花火を見て入ると、スイカ柄発見。
 火を付けてしまうのがもったいない感じでしたが、しっかり着火。
 夏の夜空にキレイ・キレイ♪

toki90719-5.jpg

 とにかく、夜中に空を見上げると星がキレイで、デジカメでは写らないのが、本当に残念…。
 降ってくるような星を見られるなんて、なかなかないだけに、しあわせ~
 
 幸いにも蚊に刺されたのは一ヵ所で済みましたが、残念ながら、片付けをしている時にこけました…。向う脛の前面をガリガリとこすってしまい血が…あ~、早く治りますように!!

 関東地方は、梅雨明けしたとか。
 梅雨明けが納得の晴れた、暑い一日でした。

 帰宅してみると、そんな一日とは裏腹に、シーチャは、キャットタワーに付いている、トムソーヤ風の小屋の中でお昼寝中。

toki90714.jpg

 この暑さなので、シーチャのためにお部屋には空調を付けているので、快適ではあるのですが、ここまで快適さを満喫して頂けているとは。

 以前、100円ショップでたまたま買ったものの、我が家から逃亡したのか、気が付いたら無くなっていたんです。
 いろいろ、移動先で100円ショップを見つけては探して、探し続けること二ヵ月、ようやく発見!

 その時任が探していたものとは
 「ステンレス製オレンジピーラー」

toki90713-1.jpg

 オレンジなどの柑橘系果実の皮を剥くためだけの道具です。
 日常生活の中で必須ではない道具の一種ではあるけれど、一度使うと非常に恋しい。
 思わず、探しまくってしまいました。

 で、早速、グレープフルーツを。

toki90713-2.jpg

 力もいらないですし、実も傷つけないで、こんなにキレイに皮が手軽に剥けてしまうんです~!
 あ~、ようやくホッとしました。

 昨日に引き続き、夏にオススメ野菜です。
 いや、これは野菜と言っていいのか?
 海の野菜としておきましょう。

 サラダを食べていたら、プチぷちプチぷち…

 なんだ、この食感は??

 ところ天より硬く、白滝よりも弾けるような食感がある。
 はて????

toki90711-2.jpg


アルギン酸ナトリウム

 ご存知でしょうか?

 もう少し、和名とか付いていて欲しいぐらい、全然美味しくなさそうな化学的な名前ですが、食物繊維の一種とのこと。
 それを加工して、細く固めたものがこちらだそうです。

 食品添加物としては幅広く活用されたり、「人工イクラ」を作ったりする時に使われたりするようです。
 それを、加工したら、こういう食べ物になった、という面白い食べ物です。

 ちなみに、溶解しにくいので、鍋などにも入れることは可能ですが、ぷちぷち食感は失われるので、堪能するには、冷えた状態で食べるのがやはり時任、オススメです。

 この夏オススメ!
 食品として販売される時には、もっとステキな名前が付いているので、そちらを見つけられたら、ぜひおためしを!!

 

 タイトルで「野菜」といいながら、いきなりお刺身登場。

 いや、あまりにも美味しいお刺身だったもので。

toki90711-1.jpg

 脂が乗っている、というよりも、魚の旨みが凝縮されていているような美味しさで、この暑さの中、非常に感動的な美味しさだったんです~~!

 さて、メインはこちら。
 サラダの上に乗っている野菜、時任は初対面でした。
 「アイスプラント」

toki90712.jpg

 注:無造作にサラダの上に置かれているのは、店長さんが「これ知ってる?」とご好意で出してくれたので、通常はメニューにはない商品として登場したからです。


 表面に付いているお塩のようなもの、これは「アイスプラント」から出た水滴なんですが、氷の結晶のように見えることから「アイスプラント」という名前が付いたそうです。

 そもそもは、海の土壌の塩分を吸い取る能力があるため、塩害対策用に栽培されたとのこと。研究者が食べたところ、美味しかったことから、市場に出回ることに。

 特徴は、プチプチした歯ごたえに加え、既に塩味が付いていること。
 しかも、微妙に塩味とかではなく、いい加減で塩味が効いているので、ドレッシングなど、全くいらない! 「いい塩梅」とは、このことか! という言うぐらい。
 もし、これがボール一杯来ても、何も付けずに食べられるぐらい、くせになる美味しいです。

 口にした瞬間、多肉植物系の柔らかな感触があるのですが、噛むとプチプチと楽しくなるような食感があり、もう少し噛もうとすると、溶けるんです。まるで、繊維が全く無いかのような、この野菜はほぼ水でできているのかと思わせるほど、今までの野菜とは違った驚き満載です。

 調べてみたら、栄養的には、リンゴ酸にナトリウムやカリウムなどのミネラル類、そしてカロチンを豊富に含み栄養学的にも優れているとのこと。
 なんだか優秀すぎて怖いぐらいですが、今注目のハイテク野菜だそうです。

 まだまだ、あまり市場には出回っていないようなので、お目に掛りにくいですが、見かけたら是非、この夏試して欲しい野菜です!


昨晩からの強い風が吹き続けている。

どんどん雨雲は流され、変化を続けている。

遠く、曇り空の向こうに垣間見える青空。

toki90710.jpg

混沌としているようで、コントラストが生まれている空は
今も変化し続けている。

中野で上演されている『ブルドッキングヘッドロック』の「ケモノミチ」を見て来ました~

toki90709-1.jpg


 こちらの劇団の芝居は始めてだったのですが、『親族代表』の竹井亮介さんが出ているということもあり、行って来ました。昔、事務所が一緒だったということもあり、久々の再会です!

 始まりは、パンフレットに書いてあったとおり、

「夏、首都大壊滅。」

という凄まじいところから始まる。
 海から、巨大生物が上陸し、首都をどんどん壊滅状態にしていく。その迫力を舞台で演出して、しっかり体感できるスケールを作り出していたのは、凄かったです。

 でも、メインとなるのは、その後のお話。
 その状況を踏まえて、千葉の民宿へと舞台は移り、繰り広げられる人間模様。人々が抱えて生きているものが徐々に浮き彫りになっていく様子は、綿密に練り上げられていて、血の繋がりや人の記憶する部分など、誰しもが抱えている姿を、非常に細かく描いていました。
 とにかく、話がどこに落ち着くのか、登場人物が多いので、そこもなかなか見えない部分ではありましたが、最後、ホッと納得できる形でまとめ上げられていて、素晴らしかったです。

 笑いを誘う絶妙な部分などもあり、見終わってみれば2時間半。
 でも、その時間を感じさせない舞台でした。

 まだ日にちあるので、ご興味がある方は是非!

ブルドッキングヘッドロック

 その帰り道、かわいい手の平サイズのスイカを見つけ、買わずにはいられませんでした。

toki90709-3.jpg



この季節、駅を出ると、野外販売といいますか、出張販売といいますか、果物を車に乗せて売りに来ていることが。

駅を出ると、桃だ~~!
いやいや、桃狩りに行きたいから、それまで我慢…
でも、行けるとは限らないし…
ん~~~~~

toki90708-1.jpg

ということで、桃の香りに負けて一袋購入~

toki90708-2.jpg

帰ってすぐに食べたかったので、冷凍庫へ。
ヒンヤリ、うまうま、ジューシーさがたまらない、産地直送品・桃!
なんだか、体が生き返ったような気分になってしまいました。

朝、ブログを開いたら、なぜか過去のブログの内容がトップに来ている。なぜだろう~~??

テンプレートのせいでもなさそうで、今のところ、ちょっと放置して、様子をみようと思います。

見た方、ちょっとビビるかもしれませんが、そんな事情で、時任と共に、しばらく、直るのか、直らないのか、様子を見て頂ければと思います。

ん~~、このトラブルはなんなのだろう~~~

もし、回避できる方法、ご存知の方、コメントお願い致します!


もし、通常のTOP画面が標記されているようでしたら、問題ありませんので、スルーしちゃって下さい~

ぐずぐずしていたお天気から、今日は晴れた~

toki90707-1.jpg

と、言うことは、彦星さんと織姫さんが会えるわけですね~
と、ロマンチックに空を見上げるのもつかの間。


暑くなると、辛いものが食べたくなる。
自家製豆板醤を使った「味噌らぁめん」プラス 卵のトッピング♪
toki90707-2.jpg

思わず、辛さと熱さで、鼻の下に汗をかいてしまう。


辛いものを食べると、さっぱりしたものが食べたくなる。
お店は変わって、「ちらしそば」
toki90707-3.jpg

こちら、蕎麦に冷やし中華の味付けのタレが掛っていたのですが、残念、こちらのお店の蕎麦の味とは合っていなかった…。

そうなると、口直しに、何食べよう
う~~ん
本当に、ロマンチックじゃない七夕だなぁ~

そういえば、今年はらくさんぼ狩りに行けなかったなぁ~
佐藤錦、来年こそは!!!
いやいや、来年のお願いごとより、まずは、今年のお願いごとでしょう!
「今年の夏も、たくさんスイカが食べられますように♪」


晴れたら暑いが、数日前に朝から雨が降って気温がぐっと下がったため、どうも喉の調子が…。

これはイカン!と病院へ。
いろいろ、症状を伝え、お薬を処方してもらう。

先生からの説明。
「これは、この状態に効きます。
これは、この症状。」

ふむふむ

「あと、シロップ出しておきます。」

「え?シロップ?」

「はい、効きます」

何年かぶりに処方されたシロップ。

子供の頃に良く飲んだだけに、大人になって処方されると、変な感じです。
でも、ちょっと、懐かしくて、嬉しくもあり。

さすがに、味は大人味になってました。

toki90706.jpg

 今日は、久々の顔ぶれが集まったことで、食事へ。
 向かった先は、中華は中華でも創作料理のお店へ。


 もう、気温も高いこともあり、最初に頂いたのはひんやり「ピータン豆腐」!
 これが、美味しい~~!
 時任、ピータン大好きなので、久々のお味にご機嫌でした。

toki90704-1.jpg

 とはいえ、かなりピータンが、かつお節に埋もれていますが…

 ここからが、創作中華の見どころ、味どころ?
 「りんごの肉巻き酢豚」。
 う~~ん、味が想像できるような、想像できないような、でも頼みたくなる「酢豚」の文字。
 酢豚なら、間違いはないだろう、と食べて見ることに。

toki90704-2.jpg

 一口、長細い肉を口に入れて見ると、歯ごたえは、リンゴがメインなので、柔らかい感じですが、肉の味もする。そして、りんごの甘酸っぱさが口の中でミックスされる。
 よく酢豚の「パイナップルはありorなし」論議に発展することがありますが、パイナップルほど甘さを主張していないので、さっぱり頂ける。
 酢豚は、お酢でさっぱり感を出しますが、ある意味、りんごがそのさっぱり感を出すことを助けている感じ。
 パイナップルがありだと思える方なら、ありの味。
 時任、あり派なので、ありのお味でした。
 間違いないのは、ヘルシーな酢豚であること。

 こちらは、水餃子。
 しかも、フォアグラ入り。
 俄然、テンションがあがります。
 種類は3種類。
 人数がいることもあり、さ~て、どれを頼みますか? ということで、当然全種類。

 上:フォアグラ入ゴマダレ水餃子
 右:フォアグラ入おろし水餃子
 左:フォアグラ入水餃子

toki90704-3.jpg

 完全に「フォアグラ」という響きに興味を引かれて頼んだので、こうして、卓上に出てくると、妙にみなさん満足で、箸が伸びない。
 =(イコール)、時任独占という嬉しい状態に。

 ゴマダレとおろしは味の想像が付きますが、スタンダードタイプはピリ辛タイプ。
 どれが、一番フォアグラの味がしたか、というと、意外にも「ゴマダレ」。

 私が、黙々と水餃子を食べている間、私の頭の上では
 「フォアグラってダックの肝臓でしょ?」
 「だから、冷静に考えればレバーなんだよね」
 「じゃあ、身体に良い?ってこと?」
 など、会話が飛びかう。

 私は「レバー好きだし、レバー水餃子もありなのかな~?」と、想像しながら、完食。

 創作料理を食べながら、こう来たら、ああいうのもアリなのか? と妙に目の前の味から、明日の夕飯のメニューを創作してしまう一席でした。


 
 

「なぎさ遺失物管理所」というドラマの撮影に行って来ました~

このお話はミッキー・カーチスさん扮するモノと話せる管理人さんのお話。
毎回、渚で拾われ保管されたモノたちとの話を描いた心温まる作品の数々になります。

まさに、ロケ地は海のまん前。

toki90701-1.jpg

こちらが、今回の舞台となる「なぎさ遺失物管理所」の看板です。
なんだか、かわいい~

toki90701-2.jpg

今回の役どころは、教育熱心なお母さん役。
犬も連れています。

toki90701-3.jpg

撮影では、同じ事務所の竹光桂子さんが一緒でした!

toki90701-4.jpg

撮影が終り、記念にミッキー・カーチスさんと娘役のちかちゃんと記念撮影!

toki90701-5.jpg

ちなみに、今回撮影で登場してもらったワンちゃんは、ミッキーカーチスさんの飼犬で、名前はピース。
とっても人懐っこい上に、元気で、撮影の間、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりにもへこたれず、頑張って付いてきてくれました。

ココ最近の天気だと、外ロケで雨が降る可能性がありましたが、時任のジンクス通り、傘を持っていくと雨が降らない、が大当たりして、しっかり晴れてくれました。予報では、くもりのち雨だっただけに、自分でびっくり。4枚目の画像の赤い傘が、今回は晴れさせてくれました。
雨が降らなかったので、日傘として今日は活躍してくれました。用途が…


こちらの情報ですが、ワンセグ向けドラマということですが、どのような媒体で配信されるか、まだいろいろと検討中とのことなので、わかり次第アップしますので、待っていてくださいね!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 飯を食うなら皿までも, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。