上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーチャは非常に元気です、はい。

ふと、仕事の手を休めて振り向くと、シーチャがじーーーーっ。

toki91230-1.jpg


もうちょっと、待っててね。




数分経過。





ママ、遊び時間はまだですか~~

toki91230-2.jpg

まだですか~~

toki91230-3.jpg

う~~~~、まだですか~~~

toki91230-4.jpg

ん~~~、まだ、みたい…

toki91230-5.jpg

ふぁ~~~~~、ま~~~だ~~~~?

toki91230-6.jpg

あれ?

toki91230-7.jpg

寝ちゃった…。

ご、ごめん。
あんまりかわいくて、写真を撮るのに、夢中になってしまった。
スポンサーサイト

たまたま知り合いが「スープカリーの会」を月に一度ほど開いていて、時間が合えばと思い続け、気が付けば、1年経っていました…。

ということで、久々参戦!
とにかく、トッピングの組み合わせで味がどんどん変わるので、そのチョイスの時間がたまらなく楽しいです。

ちょっと、画像が暗くてわかりずらいですが、本日の時任チョイスは「ベジビーン」カレーに「岩ノリ」と「舞茸」を加え、辛さは穏やかに「覚醒」。

toki91228.jpg

食べている時は、ちょいビリ感を楽しんでいる感じだったのですが、食べるうちに、どんどん暑くなってきて、思わずテーブルに用意してあった、季節はずれの団扇を使い始めてしまいました。

お初の人も、以前に会った人も、スープカレーでワイワイ、あったか~い時間の共有でした~!

本日は、劇団男魂の舞台「男舞」を観に行ってきました~!

もっと早く観に行きたかったのですが、行けたのは、年の瀬も押し迫る本日。
お客様も、通路に座って観る程の、満員状態。

toki91227-1.jpg

以前、上演したリバイバルだったので、ストーリーは知っていたのですが、更に練り込まれただけでなく、洗練された感が。
暴力団の娘の芸能界入りを阻止するために、暴力団員たちがダンスコンテストに出場するというお話なのですが、その間に織り込まれる親子の結びつきや人間模様が泣かせてくれます。
今年最後に、良い作品を観た~~~、という爽快感がたまらなく残る舞台でした。
劇団のみんなも、今回長い公演期間にも関わらず、頑張っていて、みんなの顔を観られただけでも、嬉しかったです!

そんな気分の良いとことで、六本木まで足を伸ばすと、クリスマスは過ぎてしまったけれど、キレイなイルミネーションがまだ残っていました。
リンとした光の輝きが、冬の冴渡るような寒さを美しいものに変えてくれているようで、キレイ~~~~!

toki91227-2.jpg

本日、温かいものを食べに入ったお店では、アイスランドで初めて対面した「ロマネスコ(ブロッコリー+カリフラワー/2した野菜)」が酢の物になって登場!
ところ変われば、味付けも変わるといいますか、日本風にアレンジされたイタリア育ちのロマネスコを美味しく頂いてきました~!

toki91227-3.jpg

今年もあとちょっと、乗り切るぞ~~~!

宇宙が好きということで、昔、日本宇宙少年団にいたことがあります。

芝居の方面に移ってからは、全く連絡を取っていなかったのですが、久々再会することに。
初めて会う人もいたのですが、きっかけはどうあれ、同じ団体に所属していたというのは、妙に親近感が湧くもので、美味しいものつつきながら、話をしてきました。

この季節、またまた登場、牡蠣!

toki91226-1.jpg

本日は、無事に当たらずに済みました!

こちらは、鍋に入れる鳥つくね。
自分で、自分の好きな大きさに取って、鍋にひょいひょい、と入れていきます。

toki91226-2.jpg

お店変わって、こちら。
ロシアンルーレットたこ焼き。
どれか一つに、強烈なカラシ入り。

toki91226-3.jpg

いっせいのせ! で口に入れ、しばし当たっているのか、確認の時間。
10秒後、他の方向から「あ~~~~~っ!!!!!」という声が響く。
ということは、時任セーフ~~!
以前、大当たりをしたことがあるだけに、ドキドキしてしまいましたが、本日は美味しく頂くことができました♪

他のみんなは、それぞれ科学的分野や、技術分野に進んでいて、時任から見ると、自分の望む道に進んでいるように思えましたが、時任の「時」の字に宇宙の意味を込めている点では、あの当時にみんなで一緒に見ていた宇宙が、今日は夜空に広がって入るように思えました。

本当に、冷え込みが厳しくなってきた今日このごろ。

駅のホームで電車を待つ時間も、寒い!
でも、そのホームから見えたツリー。
ちょっと、お祝いの気持ちで、心が温かくなる。
今夜がみなさんにとって、温かい一日になることを祈ってます~~!

toki91224.jpg

毎年恒例、年賀状工場長として12月はじめから始動していましたが、本日、全てコメントを書き終わり、なんとか12/25までに投函する事ができました~!
これで、無事にみなさんに元旦に届きそうです~~!

toki91222.jpg

ポストに投函する時の、この何とも言えない安堵感。
ようやく、年末を安心して過ごせます~~!
後は、無事にみなさんに届きますようにと、願うばかり!


PS毎年、時任から年賀状が届く事がわかっているファンの方からの喪中ハガキ、時任の元に届きましたので、安心して下さいね!


今年、撮影で久々お世話になったスタッフの方々、そして久々再会の西藤尚ちゃんと中華を食べに行ってきました~!

中華にも、いろいろありますが、今日訪れたのは、亀戸にある倉庫を改造して作られたお店。
なので、店に入ると広いこと!
お客さんも、中国の方が多く、本格的な香りがする。

が、一番最初に美味しいと勧められて食べたのは、羊肉のシシカカブ。
ピリッと辛口だけど、肉が柔らかくて、美味しい!

toki91221-1.jpg

こちらは、エビを丸ごと唐辛子と揚げた、こちらもピリ辛一品。
頭からガブっと行くと、エビの味噌がとろ~っとして、うまうまです!
ガブっといくと、バリバリっとして、豪快さも味わえてしまう~!

toki91221-2.jpg

この季節になると、上海ガニ!
おおっと、登場しました~~!
小ぶりながらも、手で割って、中の身を残さぬように、食べ尽くす。
甘味が凝縮、贅沢感もたっぷり~

toki91221-3.jpg

今回5人で行ったのですが、注文した料理は30種類に近い!
これでも、半分ぐらいですが、お皿が並ぶと、思わずおおっ~~~! と声が出てしまう。

toki91221-4.jpg

しかも、スタッフの1人の方が、行きつけのお店ということもあり、最後にはサービスでフルーツタワーの登場!
そのタワーを前に、尚ちゃんと記念撮影~!

toki91221-5.jpg

店員さんも中国の方が多く、なんだか上海に小旅行したような時間でした。
年末、カウントダウンに入って、これだけ豪快に食べつくしてくると、なんだか大陸パワーをもらったようで、テンションあがって、お正月を迎えられそうです!

12/18~20まで、原宿で上映会がありました。

あの怒涛のように移動して撮影した「みどりの果て、今日の夢」。

ようやく、完成して、本日観ることができました。


監督が伝えたかったもの、そして、私がこの作品で監督が伝えたかったものに共感し、作りたかったものがどうのように出来上がったのか。

緊張しながら、スクリーンに映し出される作品を観ました。
この作品では、生きていることが素晴らしいとか、生きなくてはいけないとか、そういう説教がましいことはありません。
ただ伝えたかった『今、私たちが「生きている」』という、どうしようもなく、動かし難い事実。

そのことを、私が演じた今日子と、岩田ゆいちゃんが演じたみどりが、紡ぎ出せていたことは、本当に感無量でした。
一番、嬉しかったことは、観てくれた人達が、そう思ってくれたこと。


今回の作品は、監督がただひたすらに「映画を作りたい」という気持ちからはじまり、多くの人がその気持ちに共感する形ではじまりました。
それだけ、作品に魅力があり、そして監督にその作品を形にしてもらいたいという気持ちが一緒になったとき、この作品が動き始めました。

私は撮影に入ってしまうと、その日の撮影をこなしていくことでいっぱい。
撮影が終われば、後は完成を待つだけの日々でした。

今回、撮影に入る前に監督がこの世に生み出した今日子が、私が演じることで
「もう自分の手を離れてしまった」
と、何度も言っていました。
でも、監督がそうして私に託してくれた今日子を、撮影が終わった時、みなさんに観てもらうために、私は監督に編集して形にしてもらうために
「監督のお返しします」
と言いました。
そして、今日子というキャラクターがいろいろな命を与えられ、ようやく完成することによって作品の中で生き始めました。
今日子は、確かにそこにいました。
本当に、嬉しかったです。

この作品に巡り合えたこと、監督と会えたこと、この作品のために支えてくれた人たちに、今はただただ感謝です。


上映会の後には、完成パーティーがありました。

ポスターも出来上がり、記念にゆいちゃんとサインを入れました。

toki91220-1.jpg

ちょっと、照れくさそうな監督と、いつもかわいいマシュマロ・ゆいちゃんと。(現場ではゆいちゃんのキーワードが「マシュマロ」になっていました)
toki91220-2.jpg

撮影に参加した全員が揃うことはできませんでしたが、今日駆けつけたみんなと記念撮影。

toki91220-3.jpg

これから、どういう形でみなさんに観てもらえる形になるかわかりませんが、「みどりの果て、今日の夢」のブログは続きますので、最新情報を合わせてチェックしてもらえれば嬉しいです!

早く、みなさんに、この作品を観てもらえる日が来ることを、ひたすら願ってしまった一日でした。

明日は、今年最後のLIVE CAST「時任亜弓のque sera sera (ケセラセラ)」の放送があります~!

その中で、今回は↓こちらが登場します。

toki91220.jpg

気になった方は、お聞き逃し無く~~!

12/21 23:30~24:00放送。
「時任亜弓のque sera sera (ケセラセラ)」

冷え込みがきつくなってきた朝。
太陽が出ているだけで、ホッとする。

toki91218.jpg

あ~~、今日も太陽の光があることに、思わず感謝!


そんな時任の今朝の朝食は、昨日に引き続きケーキ。

toki91218-2.jpg

あっさり目のチーズを使ったチーズパイ。
見た目はこってりですが、食べて見ると、その頃合いが良いチーズの柔らかさが生きている、ほんのりの甘さで、朝からいけるケーキでした~!

スイスにただいま留学中の教え子と1年ぶりの再会!

一時帰国する連絡をもらった時に、もう1年かとそっちの方に驚いてしまった…。

で、無事に本日会う事ができました!
今日は、和食!

殻付牡蠣!
ぷりぷりで、うまい!

toki91217-1.jpg

刺身も、しっかり厚切りの身はしっかりしていて、どれも味がしっかりしていて、あっという間になくなりました。

toki91217-2.jpg

そして、のどぐろ!
思わず、これだけ口をぱっくり開けていると、喉が黒いか覗いてしまう~~。
身の甘い味わいに加え、身がたっぷりの柔らかさはたまりません!

toki91217-3.jpg

帰国を歓迎したいのか、私が食べたかっただけなのか、わからない状態になっていますが、今回は彼がノートPC持参だったこともあり、彼が編集した作品や、スイスの風景を見せてもらったり、これからの事を聞いたり。

小学生の頃から知っているだけに、どんどん成長していく姿は、なんだか眩しいですね。

ちなみに、牡蠣に当たる確立1/2の時任、本日は当たりの日でした…。

頂き物のケーキ。

最近、忘年会シーズンということもあり、帰ってからゆっくりケーキを食べる時間がないこともあり、今夜も食べられない予定なので、はて、どうするか?

朝から脳に糖分、ということで、朝からケーキを食べてみました。

toki91217.jpg

だって、大好きなモンブラン、食べないわけにはいきません!
中のクリームの中にも、栗が入っていて、うまうま~!

意外と、寒い朝にスイーツって、心が温まって良いかも、と思った朝でした。

夕飯を食べに行こうと思っていたお店が、行ったら休みでした…。
しばし放心。
う~~~ん。

とはいえ、寒い!
このまま、外に居続けたら凍死しそうな気温に、とにかく暖かいものが食べたい!と、近くでどこか店はないかと、ウロウロする。

あ~~~、暖かい光が見える。
イタリアのイメージから来るものなのか、とにかくそのイタリアンのお店は暖かそうに見えました。
よし、決めた! あの店だ!

入ってみると、お店の外の印象通り、中もスタッフの笑顔が心地よく、席に着いただけで、笑顔になれる暖かさ。
先に入っているお客さんが、みんな楽しそうに食事をしているのが、とっても印象的でした。

しかも、出てくる料理がどれも、美味しいって、なんて贅沢な気持ちなんでしょう!!

こちら、南伊豆で獲れたイノシシ。
なんと、知り合いの方が獲って、丸ごと一頭送ってくれるそうです。
処理の仕方が適切らしく、臭みが全くないのに、野性の力強い味わいは、お肉ってこういう味だったよね! と口に入れるたびに、味わえる。

toki91216-1.jpg

デザートには、クリスマスを意識したようなライト付き。
なんとも、遊び心が見え隠れ。

toki91216-2.jpg

美味しいお店はたくさんあるけれど、こんなにホッとさせてくれるお店って、なかなか無いことに感動!
食べることを楽しみ、味わい、幸せになって欲しい気持ちが、こんな寒い夜だから余計嬉しく、また、ぜひ、行きたいお店が増えました!

「親族代表」の舞台を見てきました~!

竹井亮介さんが、友人ということもありますが、この方の芝居、好きです。

toki91215.jpg

今回は、長い舞台というよりも、コント・テイストで何本も詰まっている内容。
時間が遅れてしまったので、途中からになってしまいましたが、入った途端、竹井さんがブラジャーを握り締めている場面で、思わず噴出してしまいました。
ある意味、いきなり時任への掴みOK状態。

設定が面白いです。
キャラクター作りも面白いです。
思わず笑ってしまう空気感を作るのが絶妙で、たまらない感じです!

あ~~、最初から見たかった…。

こちらの舞台ですが、新宿モリエールで12/21まで、大阪の梅田HEP HALLでは12/22・23と上演されますので、気になった方、ぜひ!!

親族代表

確かに、気温は下がって来ていて、寒いです。

toki91213.jpg

ふと見上げた風景が、こんな感じだと、寒さ倍増…。
ああああ、寒い…

ずーーーーーーっと気になっていたラーメン屋さんに入ってみました。

私の周りでも、気にしている人が多かったこともあり、行った人によると美味しいという評判を聞いていただけに、ようやく行くことができた感じ。
近くを通っているにも関わらず、タイミングが合わないと行けない店。
みなさんも、そういう店、ありませんか??


西麻布にある、とにかく昔からあるお店で、建物もかなり古いです。

そこで、頼んだ野菜チャーシューラーメン。

toki91212-1.jpg

チャーシューというよりも、「角煮」というボリューム。
あっさりしているのに、食べているうちに焦がしニンニクの風味がジワジワとしみてきて、美味しい!
思わず、食べながら「なるほどね~」と、美味しさを噛み締めてしまいました。

そして、餃子!

toki91212-2.jpg

文句なしに、美味しいです!
家庭で作ったような、暖かい印象の味は、心もほっこりしてしまいました!

久々、そば屋~~!

初めてのお店で、初めて見たメニュー「磯とろろそば」

「磯って一体何が???」

で、出てきたのが、こちら。

toki91211.jpg

正解は『めかぶ』!
ネバネバづくしだったので、喉越しが良く、美味しくて、あっという間に無くなってしまいました。

夜になると、イルミネーションが輝きはじめ、クリスマスツリーも堂々としている。

toki91204-1.jpg

恵比寿の駅前のツリー!

大阪の餃子「点天」を一気に焼いて、食べてみました。

toki91209.jpg

非常に、美味しかったです。
暖かいものが恋しくなる季節、非常に満足の一食でした!

忘年会に行ったら、中国帰りの方がいて、みんなに振舞ってくれたお土産の「ひまわりの種」

toki91208.jpg

美味しくて、みんなで殻を齧って、中の身を出し、パクパク。
リスがたくさんいるみたいな、酒席に結構笑えましたが、本当に止まらない美味しさ!
しかも、ココナッツ風味、というのが笑えました。
口に含むと、ココナッツの香りがふわ~~、でも、食べるとフツー。
また、機会があったら、食べたくなりお土産でした。

ちょうど、日の出が遅く、日の入り早くなる時期でした。
ようするに、夜が長くなってきている状態です。

朝起きても、まだ、この暗さ。
これで9時ぐらいですね。

toki91207-1.jpg

で、11時ぐらいに日がのぼる。
toki91207-2.jpg

でも、そのまま太陽は高く上らず、横に移動していくので、朝焼けから夕焼けに変わっていくようでした。
2時ぐらいには、夕方の風景です。

toki91207-3.jpg

目覚めた感じや、眠くなるサイクルが狂いそうなので、頻繁に時計をみて、自分の24時間の生活のサイクルを思い出しながら、毎日過ごしていた感じでした。

そんな訳もあり、今回の旅行の画像は、暗いものが多いです。

地元の方は、ちょうど夜が長くなるということでその感謝祭をしていました。
たまたま行ったホテルで、行われていたので、参加してきました~!

みんな黒い服を着ての参加です。夜をイメージしているのですね、さすが!
そこで食べる定番が、羊の頭を5時間ぐらい煮込んだもの。
それが、こちら。

toki91207-4.jpg

豚足を煮込んだ料理のように、コラーゲンたっぷり状態の柔らかさでした。
味は…。

こういう場に羊が登場するぐらい、アイスランドは羊がたくさんいましたし、よく見かけました。

toki91207-5.jpg

たまたまですが、至近距離で遭遇。

toki91207-6.jpg



他の夕食でもラム肉登場です。

toki91207-7.jpg


タラもこの地方では最高に美味しかったです!

toki91207-8.jpg


ガソリンスタンドという場所でも、美味しいタラのフライ!
ポテトフライも量がたっぷりで、美味しかった~~!

toki91207-9.jpg


こちらは、ラム肉の料理なのですが、上に乗っているグリーンの植物、なんだと思います?

toki91207-10.jpg

このヤドカリ型野菜、新種で、ブロッコリーとカリフラワーを足したものとのこと。
確かに、歯ごたえブロッコリー、味はカリフラワーという珍しい野菜でした。



あ、あと、こちらの手長エビも最高に美味しかった~~!
ガーリックバターの味付けが最高!

toki91207-11.jpg

ご馳走様でした!
toki91207-12.jpg

そんなこんなの、時任の見てきたアイスランド!

ビョークということだけが、きっかけではありましたが、彼女の込み上げて来るような歌のエネルギーが、あの土地から生まれた事が、少しでも感じられた事も感激でありました。

撮った画像約3,000枚。
思い返すと、いろいろまだまだありそうだし、まだ言葉になっていないものもあり、私の中で熟成させたいものもありですが、今言えることは、寒いけど、また行って見たい!
素晴らしい自然と広がりのある大地を体感できたことは、何物にも変え難い体験!
パワーが蓄えられたかな??

今夜のライブキャスト「時任亜弓のケセラセラ」でもアイスランドの話題が出てきますので、お楽しみに!

アイスランドは、名前の通り、確かに寒い気候です。
ここより、寒い気候のグリーンランドに移住者がいないと困るからと、「グリーンランド」と名づけられた更なる寒い国の事を思うと、どれだけ過酷な寒さの中で生きているのかと、驚くばかりですが…。

東京よりは、行った時には、寒かったです。
体が固まるぐらい寒かったです。

空港に降り立った時の、このどんより空と、冷たい風で、一瞬萎えそうになりました…。
なぜ、寒いのがキライなのに、来てしまったのだろう…、と。
こちらが、その空港出口付近です。

toki91206-1.jpg

とにかく、言われたことは、地元の方に「なぜ、この季節に観光???」ということです。
アイスランドは避暑地です。
夏には、国民の数より観光客が多いとのこと。

でも、終わってみて言えることは、この時期で良かったです。
人も少ないし、ある意味、人々が通常の生活をしている姿が見れたことです。
ちなみに、都市部や村以外で、歩いている人をみたのは、1人。
観光スポットに行こうとして、大雪過ぎて、道路が閉鎖されているぐらいですから。

ちなみに、こちらは、閉鎖はされていなかったので向かおうとしたけど、大雪過ぎて、途中で断念…。

toki91206-2.jpg


ちゃんと見られた所もありますよ!

ここが、本場オリジナルの温泉が噴出す場所!

toki91206-3.jpg

少女が「この滝に水力発電を立てるなら、身を投げます!」と言った事で守られた滝。

toki91206-4.jpg

あまりの突風で、本当に飛ばされるという経験をしたため、近くまでは行けなかった岬。

toki91206-5.jpg

氷河が、海へ流れていく光景。

toki91206-6.jpg

火山国ならではの、温泉。北にあるブルーラグーン。
とにかく、広いし、お湯はキレイだし、人はいないし、最高でした!
入るために、わざわざ水着を持って行った甲斐がありました!
ただ、夕方だったので、暗くてすいません…。

toki91206-7.jpg

ちなみに、ポスターだとこんな感じです。

toki91206-9.jpg

まだ、大地が活動を続けている事がわかる場所。

toki91206-10.jpg

こちらは、100年ぐらい前まで使われていた「芝生」で作られた家。
壁から床から天上から、梁以外は全て「芝生」です。

toki91206-8.jpg

中を歩くと、ふわふわとして弾力がありました。
風をよけるために、半分ぐらい地中に埋まっています。

こうして、書いていると、火山の国であり、大地の力が溢れていた事を再認識。

そして、この溶岩の上に生息する苔が、植物が過酷な環境でも生きようとするパワーの象徴のようにも見え、印象的でした。

toki91206-11.jpg

続く。

 ようやく、東京に戻って、落ち着きを取り戻したような、取り戻していないような…

 とにかく、忘れないうちに、書かなければ! と思っているうちに2週間。
 余韻のないまま、ロケがあったりしたから、一気に現実に戻されてますね…。


 さて、気を取り直して!
 ん~~~、長い期間行っていると、どこから書いていいものやら…


 アイスランドの特徴!
 
 日本と同様火山国である。

 北アメリカプレートとユーラシアプレートが生まれてきている分岐点を、目で見られる貴重な国である。
 ここが、貴重なその場所です。

toki91205-3.jpg

 ここで生まれたユーラシアプレートが日本で地下に帰って行くと思うと、親近感が非常に沸いてしまいました。


 ファミリーネームがない国である。

 ヴァイキングの国である。

 1000年以上もノルド語が使われている国である(他の国では古語)。

 などなど、地域的にも国的にも特色がある。


 その国を、今回車でグル~~~~っと一周してきました。
 グルーっと周れるように、国道1号が国を丸く走っているので、ほぼほぼその道を辿ってきました。
 今回こちらの車で回ってきました~

toki91205-1.jpg

 走り始めると、すぐにこんな風景が広がります。

toki91205-2.jpg


 天気もよく変わります。
 晴れていたのに、雨雲が出てきて突然雨が、ざーーーー。

toki91205-4.jpg

 北のエリアに行くと、山に登ったら

toki91205-5.jpg

 吹雪に見舞われたり…。

 気温はもともと低いのですが、朝、車に乗ろうとしていたら凍っていたり…

toki91205-6.jpg

 凍って、窓が開かなかった時には、大笑いでした。
 時任にとっては、こんな冬の環境、初めてです。

 道路に立ったら、路面凍結していて、スケート場状態だったり
 朝、起きたら、湖が凍っていたり。

toki91205-7.jpg

 でも、晴れると、こんな絵葉書のような素晴らしい景色が見られる。

toki91205-8.jpg

 アイスランドという国を巡っていると、大地が生まれてきているという、地球の鼓動を感じるだけでなく、一日に天気が変わることで、天気というものを改めて体感し、そして、巡る地域によって変わる気温によって、まるで季節まで飛び越えて、四季を巡っているような旅でした。

 そうですね、一言で言うと、地球の時間のジオラマのような国ですね。

 まだ続きます!
 

本日は、先日撮影したhi-hoのスタッフの方々とお食事してきました~!

こちら、担当の田中さん。
いろいろと、最新情報を教えてくれました!

toki91204-2.jpg

今夜は、雪見鍋を突きつつ。
こちら、名前はさっぱりとしていますが、カルボナーラのようなミルクとチーズ仕立てでこってりとしていて、うまい!
こういう新作鍋もいいですね~~!

toki91204-3.jpg

今日は、「チャーリーとチョコレート工場」のモンカ・チョコレートを頂いてしまいました。

toki91204-4.jpg

頂いたものの、なんだか、嬉しすぎてまだ開封できず…。

hi-hoのweb-CMですが、もうみなさん見られますので、是非!

hi-ho公式サイト

TOP

コンテンツ暮らし・生活情報 「ダイエット」をクリック!

このバナーが目印です!

hiho_pr0911.gif

タクシーに乗った時のこと。

運転手さんに聞きそうになりました。

「いくらですか?」

でも、気が付いたのが、もう精算が終わって、降りる時だったし、私も急いでいたので聞けませんでした。
私には、みんなが信じてくれるように、画像を撮るのが精一杯でした。

なぜ?

本物?

見間違い?

私には、イクラに見えました。

toki91202.jpg

わかりますか?

え? わからない?

ここです、ここ。
座席シートの上に、コロっと。

toki91202-1.jpg

なんだったんだろう~~
しかも一粒…

誰かがおにぎりを食べて、こぼしたのだろうか…


みかんが届きました~。

旅行前に頼むと、腐らせる恐れがあったので、帰国早々、注文。

届きましたよ、みかん10キロ!!!

toki91201.jpg

ということで、あと2週間ぐらいで、時任の肌が黄色に変化するでしょう~

ふふふ、今冬の肌色は黄色!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 飯を食うなら皿までも, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。