上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖かくなり、雑草たちが、繁茂してきました。

昨日の朝も、草むしりを始めたのですが、毎年頭を悩ませるのが、「ハタケニラ」という雑草。
球根で育つのですが、その球根が抜く時に残っていると、また、生えてきました。
その繁殖力といったら、ありゃしません!
ネットで、この憎たらしい植物は何だろうと調べたら、やはり苦心している人がたくさん。
そう、このハタケニラの草むしりは、戦いなのです!




左側が、抜き進めた部分です。

ここで、時任が選ぶ、時任が草むしりをしていて、憎たらしい植物ワースト3の発表です!
1.ハタケニラ
2.ドクダミ
3.ヤブガラシ

この発表がしたいがために、初めて雑草の名前を調べました。
今までは、「この、球根野郎!」とか、「ツルツル(ツル科だから)め!」と、呼んでいたので、ようやく名前で呼べるようになりました。
とにかく、彼らの繁殖力は、すごいです。

1番は前述したように、球根が問題で、初期は小さく、取りこぼすこともあったり、大きくなればなるほど、深い位置に潜り込むので、深さ10~15センチも掘らないと出てこない。それが一面に広がっていると、愕然とする思いです。その広範囲な感じが、人を苛立たせます。
しかも、ひっこ抜こうとすると、トカゲのしっぽのように、葉っぱしか抜けない、侮れない植物です。

2番目のドクダミは、根っこで繁殖するので、こちらも、下手に根っこを残すと、少しでも残った根から、また繁殖してくる。しかも、根が深く、根気よく、根を途中で見失わないように追わないと行けないので、掘らなくても良いところまで、掘り進んで行かなければならなかったり、労力がかかります。

3番目のヤブガラシもドクダミ同様、根が深く、残っていると、根気よく再生してくる。
最初、このヤブガラシの根を追っていて、親玉に辿りついた時には、樹木の根っこのように太くてびっくりしました。上のツル部分に比べて、牛蒡のような根っこの様子に、その生命力の強さが見えてきます。

まぁ、雑草取りをされない方には、あまりピンと来ない話ではありますが、これから秋までは、彼らとの戦いが始まります。
ちなみに、1番のハタケニラは、一年中、下手するとにょきにょきしてくるので、年がら年中の戦いです。

意外と、雑草取りって、嫌いではなくて、いや、好きと言った方がいいですね。下手すると、半日ぐらい黙々と費やしてたりします。最近では、趣味と言っても良いかな、というぐらい、自負してます。

なんだか、久々に、長いブログを書いた気がします。
下手すると、まだ話せる気がする。
ということで、たまに、時任のブログに雑草の話が出てくると思いますので、よろしくお願いします!

ブログには載せていませんでしたが、毎年、GWって、草むしりをしている気がする…。
スポンサーサイト

本日は、「ふとめの国のありす」(仮)の打ち上げに行ってきました!

撮影が終わって、一か月も経っていないのに、しばらくしてみなさんに会うと、懐かしさを感じてしまいます。

現場では、みなさんと話す事は、あまりできなかったのですが、ようやくホッとした表情のみなさんと話すことができました。

こちらは、メイクを担当して下さった高畑さん。



撮影の当日は、あの日に限って、花粉症の症状がひどくて、常にティッシュが必要な状態だったのを、常に時任のメイクも気にし、時任の鼻水までも気にして対応してくれた、感謝感謝の方です。
しかも、そのティッシュペーパーを、取り出しやすいように、自分でティッシュを一体化させて、お腹からティッシュを一枚づつ引き出せる、歩くティッシュボックスのようになっていた姿を、画像に納めていなかったことが、非常に悔まれます…。

監督にも、現場では伝えられなかった事を伝えられたり、更に、これからを期待してしまう打ち上げの場となりました。監督は、今日も才色兼備なキュートさにキュンとしてしまいました。

下北沢トリウッドで今年の秋の公開、そして、その後のDVD化を目指して、これから編集されていきますので、また近況がわかりましたら、情報アップしますので、よろしくお願いします!

『ふとめの国のありす』(仮)公式サイト
http://sites.google.com/site/alicefilm2012/

普段、時間がないと、あまり詰めのお手入れができないのですが、今日は、お手入れした後、マニキュアも塗ってみました!


本日から、黄金週間スタートですね。
皆さんは、いろいろと計画を立てているのでしょうか?
私は、結構、無計画です。

そんな本日、非常に暑かったこともあり、夏を先取り気分で、タイ料理を食べに行きました!
あくまでも、気分です、気分。
それぐら、東京は暑くなった!

こちらはタイ風の豚の角煮。

日本の豚の角煮と、中国の角煮を足して2で割ったようなお味。
八角がほんのり聞いていながら、優しい甘みが口に広がる。




こちらは、ご飯と鶏肉を一緒に蒸して、鶏肉のうまみがしみたライスプレート。



なんだか、がっつり汗でもかくかと思ったら、意外とソフトなランチになりました。

喫茶店に入り、アイスココアを頼む。
なんだか、ココアを頼まないといけないような気持ちに囚われて。

注文した後に、「あ、カフェモカを飲んだ時に、次はココアにしよう」と思ったからだと、思い出した。
ではでは、頂きまーっす! と、ココアの上にのった生クリームを見ると…バラの形になっています!

職人さんが、毎日手作りで作っているそうです。




店の名前を見て、「ROSE」という名前で、納得。手が込んでいて、なんだか感動してしまいました。

手に入れたデジカメが、落とした拍子に…。
そこまで、極端に強く落ちた訳ではないのですが、当たり所がかなり悪かったらしく、液晶画面が完全アウト!
いや、落とすこと自体がNGだ、という事を踏まえた方がいいですよね、はい、よく分かっています!!(反省中)
うう、申し訳ない…、カメラに謝る…。

修理に出したものの、保証期間内とはいえ、液晶部分は有償の可能性大とのこと…。
まだ、修理センターからの回答は来ていないので、どうなるかわかりませんが、切ない状態に入ってます…。

しばらく、携帯のカメラから撮った画像になります~!
何の、お知らせ?? まま、そんな状態になりますの、お知らせです。

コーヒーがそこまで、得意ではないのですが、珍しくコーヒーでも飲んでみようかな~、とカフェモカを頼んでみる。

飲んでみると、結構上に乗っているチョコレートの味が強く、これだったらココアを頼めば良かったと思ってしまった。
まぁ、そういう発想をする事態、コーヒー大好きでないことを自分で納得してしまう。
でも、変なもので、時折、無性に飲みたくなることもある。
もし、時任がコーヒーを飲んでいたら、そんな気分なんだな、と思って下さい。

見た目はパフェっぽい本日のカフェモカ。


外苑前の通り。
道脇に広がる並木が、いい色に色づいてきて、さわやか!


今日は、カタヤキソバ!

お店によって、内容が変わる訳ですが、こちらは、青野菜たっぷりの醤油味。
酢を足しながら、さっぱり頂きました!

川の水が、「寒そう」ではなく、「気持ち良さそう」と思えるだけで、季節が変わってきたのだと思う。

toki120408-1.jpg

今年も、咲いた~~~!
しかも、天気もぱっちり!

toki120408-2.jpg

そんな時任、今年は「いちごみるく」を飲みながら、堪能です。

toki120408-3.jpg

うまいっす、うまい!
今年も、花より団子でした。

そろそろですね、桜。

なんだか、桜が咲く事を望んで騒ぐと、桜が咲かないような気がして、秘かにわくわくしてしまうのは、私だけでしょうか?

toki120405.jpg

「ふとめの国のアリス」のロケに行ってきました~!

今回は、お母さん役、ということで、こんな雰囲気です。
ん?なんか、表情が怖そう?? いや、たまたまです…。

toki120403.jpg

そして、今回の脚本、そして監督を務めている松国監督です~~!

toki120403-2.jpg

着々と進んでいく撮影でした。
本当に、仕上がりが楽しみです!!!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 飯を食うなら皿までも, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。