上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬が迫る今日この頃、忘年会が始まりました!

本日行ったお店は、3年ぶりに会う友人と、昭和懐かしい感じの居酒屋!
安くて、うまい!

そんなお店のメニューは、はたはた。



はまぐりも、安い! じゃなくて、旨い!




ん~~~、身体温まる食事がおいしい、この季節に、更に気さくにわいわい、楽しいっす!
スポンサーサイト

あれ、もしかしたら、年内最後のヘアカットかも?

そんな本日の仕上がり具合です。



なんか、温泉にでも入ってたようなふやふや顔。
ドライヤーの熱が暖かくて、気持ち良く終わったら、そんな顔になってました。

本日は、ピンクのツリーを見ました。



そんな本日の夕飯、とんこつラーメン食べたく、ご注文。



が、麺とスープは旨いが、トッピングが全てイマイチ…。
ガッカリマークがスタンプされた感じ…。
う~~~ん、今日の夕飯は残念!!

牡蠣の、握り!



文句無しに美味しかったです!

いつも行く、回転寿司屋なのですが、本当にこの店は外さない!

北海道土産で頂いた「北の焼きそば」と「豚ブタキングらーめん」。




完成がこちら。
ラーメンは、とんこつ味噌味という初めての味だったのですが、麺もスープも美味しくて、クオリティ高い!
焼きそばも、ピリッとキムチ味がたまらない!



うん、美味しいお土産、最高!!!

豆乳を飲んだあと、捨てるためにパックを畳むと…



「たたんでくれてありがとう」のメッセージが。
しかもハート付き!
なんだか、良い事した気分。

これを、教えてくれたのは友人だったのですが、今まで気づかなかった~!

うっ、食べたい、無性に食べたい!

今日、無性にそう思ったのは、ジェラート。

急いで、現在地近くの食べれる場所を検索! あー、直ぐ探せるって、便利な世の中だなぁ~

本日は、ピスタチオとヨーグルトのダブル!



しかも、ポイント高い店で、うまうま!
食べたい時に、更に美味しいもの食べられると、お腹も、気持ちも幸せ~!

今年は、駆け込み酉の市!
花園神社に行ってきました!

今日は人が凄くて、場所的に後からだとたどり着けそうに無かったので、先にいつも食べてるお好み焼き屋さんのお好み焼きを頂く事に。
大量に焼いてるのに、行列になってました。



お参りは、この先ですが...遠いなぁ~



当然、お参りまでに1時間近く掛かった…。

そして、ようやく熊手GET!



さー、来年の福をたくさん呼んでちょうだいね!

本日は、こちらのお土産を開ける。

試食して、美味しくて即決。
「バウムラボ樹楽里」のライスバウムです!



バームクーヘンなのに、ふわっとして、柔らかくて、優しい味が口の中に広がるのです!
割と、食べて、どっしりとしたものが多い中、ある意味、シフォンケーキを彷彿させる食感は新鮮です。


サイトを見ると、こだわりも見えて、興味深いです。


バウムラボ樹楽里

先日の福島で買ってきたお土産を頂く。

「なみえ焼きそば」です。
現地では残念ながら食べられなかったの、自作で初体験。



が、必須なのは「もやし」と書いてある。
残念、買ってなかった…。
でも、今食べたいの~~~!
ということで、キャベツたっぷりです。
味、変わっちゃうかな??

さあ、どうだ!
できたぜ~!



ホットプレートいっぱいにできあがりました。


麺が太めということもありますが、もちっとしていて美味しい!
味も、しつこくなく、優しい味。
なんだか、焼きそば食べて、ほっこり気分って、幸せ~!

次回は、是非、現地で頂きます!!

本日、女子会で珍しく4名集まった。

そのうちの一人が手に何か書いてある。
聞くと、金運がアップするとのこと。
気になる~~~!
ということで、時任の手にも書いてもらいました。
金運の線の上に、更に花開くようひ、三本。
棚ボタがあるように、右の線の下に、クロスして1本。
上がれ、上がれ~!




ささ、本日は、豚しゃぶ!



よーこちゃんが肉を鍋に入れようとしたら、全部くっつして取れない!
ということで、そのままどぼっと豪快に鍋に。



当たり前ですが、味に変わりはありませんでした。

これなーーーんだ?




正解はこちら!

福島の喫茶店で、メニューをみていると、スペシャルなメニューを見つけた。
その名も、「スペシャルフルーツパフェ」。

スペシャルと名前が付くだけでも、気になるところですが、上にあるものは????
綿菓子です。
普通のフルーツパフェに、綿菓子が帽子のように乗っかっている。
パフェ、埋もれてます…。




お店の人は、はずして食べても良いですよ、と言われたが、いや、やはり上から行きたい!
ということで、すご~~い懐かしい気分で、ひたすら綿菓子を食べ続け、ようやくパフェに辿りつきました。
久々に綿菓子を食べた感想、こんなにしゅわっと溶けるなんて、なんだか夢のお菓子みたい。
そんな、メルヘンな感想が生まれました。

車で福島の小名浜から海岸沿いに北上するように車で走る。

福島の被災地を訪れるのは初めてだ。
行かなければと思いながら、ちょうど1年8ヶ月目の今日、足を踏み入れた。

海沿いに住宅街が広がっている風景を見ていたが、、いきなり何もない場所が現れる。



海が目の前にあり、すぐ後ろに山が迫っている場所。
防波堤から10m程離れていたところに、かつてあったであろう家の痕跡だけが残されて、広がっている。

また、通りがかった学校の校庭には、処理を待つ残留物がうず高く積まれている。



その残留物の上には、草が生え、年月が立ち始めている様子がわかる。

奥の体育館を見ると、入口付近が、強い力で曲げられた痕跡が、まだ生々しく残る。



プールを囲っていた塀など、全てない。
プールから出入りする手すりはひしゃげている。



この絶望感を、どう自分の中で処理して良いのか分からなくなる。

その学校の前に、観光バスが止まる。
観光客が、被災地をカメラに収める。
違和感を感じるが、でも、私も今同じ事をしているのだ。
見に来ているのだ。
バスガイドの人が、参加者に現状を話しているのを、紛れて聞く。
「もう、ここは、学校として機能することはないでしょう」という言葉に
そこにいる人々は「そうですか…」としか答えられない。
私も、心の中で「そうですか…」としか答えられなかった。

観光バスの人々から離れ、また、北上する。
少し丘に上がると、おそらく被害はあったのだろうが、家は残っている。
少しの地形の差が命運を分けた事を実感する。

そして、また、何もないエリアへと突入する。
再び車を止めた場所は、防波堤の側に神社がある場所だった。
人々の心を支えようとしているのか、私たちが希望を願うためにあるのか、神様がそこにいた。
近づいていくと、一人の年配の男性が、雑草を取ったりと、神社の世話をしていた。
私が近づくのがわかると、「来てくれて、ありがとう」と優しく声を掛けられた。

正直、何かできることをしに来た訳ではない。
今の現状を知っておかなければならないという、気持ちだけで来ただけなのだ。
でも、その気持ちに「ありがとう」と言われたのだ。

今できることが忘れないことであることを、痛切に感じさせられた。
そして、今まで来なかったことの後ろめたさのようなものを、「気にしなくていいから」と言ってもらえたような気がした。
これは、私の勝手な想像かもしれないが。
それだけ、「ありがとう」が心に響いた。

少し、この辺りの現状や、住んでいた人たちのお話を聞かせてもらった。
たくさんのジレンマと向き合っているが、決して悔しさではなく、あきらめではなく、それを含めて新しい生活に踏み出している姿は、寡黙ながらも、ひたむきさを感じました。

かつて、この道路の横には家が立ち並んでいた。



今、失われた建物の痕跡は、遺跡のような佇まいをしている。
でも、なぜそうなったのか。
忘れてはいけない、何があったのか。
忘れてはいけない、そこに今も生きて、暮らしている人たちがいること。
その言葉が、私の中に、繰り返し刻まれていきました。

そして、地震、津波、メルトダウンという、1つの要素だけではない、複合された被害であることも、改めて痛感するところでした。

最後に、お話をしてくれた方が今の願いを、ぼそっと言われました。
「忘れないでほしい」と。
忘れません。

東日本大震災以来、はじめて福島を訪れました。

今日、訪れたのは、「福島の美味しいもの 食のフェア 2012 FOOD FAIR」。




食の安全基準をクリアしているのに、なかなか食べてもらえない福島の美味しい食材の数々があり、もっと広く県内の食品を食べてもらいたいというフェアでした。
その気持ちの現れもあり、ブースに並ぶ各店とも、とにかく食べてほしい!と、試食がたくさん出ている。
確かに、野菜は鮮度が良くて、味が濃く、美味しい。
地元の食材を使った、味噌や漬物、スイーツ系など幅広い。

福島産というだけで、食べてもらえない。
でも、食べてほしいからこそ、基準をきっちりとクリアして頑張って作っている人たちがいる。
誠実に食べ物と向き合っている人々の姿に、心から応援したいと思えました。

こちらでは、食事の提供もあり、私が食べたのは川俣のシャモのスープご飯だったのですが、これが美味しくて!



体が喜んでいるのが良く分かる。その「美味しい」という味わいは、理屈じゃないんですよね。もっと、食べたいと思う気持ち。
こんなに美味しいものが、風評被害により口に入っていないと思うと、逆にもったいないことと思う気持ち。

この気持ちを人に押し付けることはしたくないので、みなさんに、私が実際に触れて見た感想がどういうものだったのか、少しでも伝われば嬉しいです。

フェスティバルには、イベントとして、「お笑いエンタ集団 みちのくボンガーズ」という、地元に人気の芸人の方々のショーもあり、しっかり笑いもありました。
ちなみに、「ゴム手袋を鼻息で割る」という芸の最中です。




本日の時任、予定を越えた量をのお土産を買っていました。

もう、開催は終わってしまいましたが、URL載せておきます。
「福島の美味しいもの 食のフェア 2012 FOOD FAIR」

表参道ヒルズが、すっかりクリスマスモード!



今回は、こちらで開催されている、ねんドル「岡田ひとみ」さんの作品を見てきました!



たまたまのきっかけではありましたが、実際の作品を見ると、その精巧さにびっくり!
本当に、作るのが好きで作っているのが伝わってきました。

細かいところも、しっかり見られるように、虫めがねも用意されていました。


絵日記には、小さな文字で、本当に日記が書いてありました!


最近の活動としては、子供たちにねんどを使った作品を教えるだけでなく、ねんどを通して、食育などにも携わった活動をされているとのこと。
今回、展示会場に、岡田さんもいらっしゃい、お会いすることができました。
岡田さんのポジティブな笑顔がとても、印象的でした!


岡田ひとみさんの公式サイト
ひとみュータント

今年も、富士柿を頂きました!



見事に逆さまにすると富士山のようなこの柿、ボリュームたっぷりで、美味しい!



柿、結構好きなので、嬉しいです!

今日の夕陽は、なんだかすがすがしかった。
うん、なんか気分がいいな。



そんな今夜は、友人とタイ料理へ。
良く行くお店で、新しいメニューを頼んでみる。

カノンパンナアムー



パンと豚ひき肉の揚げ物です。
パン粉じゃなくて、衣がパンそのものになったメンチのような味でした。


トムガーガイ



辛い! でも美味しい!!
なんだか、体がすっきりしていく気がする。


続いてペム



いわゆる豚肉と筍もレッドカレー。
ご飯とカレーのバランスがあきらかに5:1になる…。


そして最後は、火照った体にココナッツのシェイク。



すごくすっきりとしていて、ヨーグルトシェイクよりもさっぱり!
これはお気に入りです!

美味しいご飯と、楽しい会話、最高!!


そんなお店のお会計用のトレー。



なぜか1万円札のシールが貼ってある…


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 飯を食うなら皿までも, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。