上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「The Garden」を観る。
う~~~~~ん、芸術作品。ストーリーというよりも、観念的な表現をしていて伝わってくるものは、虚無感、諦め、忍耐など、重くはないけれど、目の前を流れて行く感じ。題材としては、「同性愛」と「キリスト教」。キリスト教に造詣のある方なら、もっといろいろなメッセージを読み取れるのかもしれませんが、具体的なものを読み取る事はできませんでした…。
監督はデレク・ジャーマン。昔、「Blue」や「ヴィトゲンシュタイン」を観たな、と思い出しつつ、観終わった後の、この理解不能的な感じ、久々です。
スポンサーサイト

友人が大阪のグリコのバトンドールのお店で買って、お土産にくれました!

まず、箱に驚く。
曲線を使った箱は、凝ってますね。



こちらは抹茶シュガー。
開けると、6本づつ個別包装になっている。

しっかりと太いのにも驚かされる。
食べごたえ、あります。
味は、抹茶の苦みも味わえる、大人味といったところでしょうか。

こちらは、ミルク!



ミルク味のチョコがたっぷりで、これは好き!
うまいなぁ~!

ただ、太いだけでなく、生地の味も凝っている感じで、確かに高級です。

今日は、ショーン・ペン繋がりで、「アイ・アム・サム」。
改めて制作年を見て、2001年ということにびっくり! 観たいと思っていて、こんなに年月が経っていたとは…。

まぁ、とにかくルーシー・ダイヤモンド・ドーソン役のダコタ・ファニングの可愛い子と! 理知的で、あの目で見られたら、たまらない…。彼女のウィキを観て、めっちゃ大きくなってることにびっくり!! そりゃ、12年も経ってればレディですよね。でも、表情は変わらないですね。

ショーン・ペンって、私的には、マドンナが好きなので、マドンナとの離婚を受けて、ショーン・ペン=マドンナにひどい事した人、という勝手な印象を持っていて、好きになれなかった俳優だったのですが、ここしばらくの作品では、役に対する執着の強さに圧倒されることが多く、作品の善し悪しよりも、彼の演技がどんなものなのかに、注目してしまいます。

で、「アイ・アム・サム」ですが、映画を観ていると主人公サムに加担したくなるのですが、社会的にみて、7歳の知能しかない人物に子育てができるのか?と問われたら、すぐに「はい」とは言えないですね。それが可能かどうかを、じっくり描いた作品として、逆にこちら側に疑問を投げかけられている感じでした。これは、ラストまで、葛藤させられた感じでした。
サムの周囲には、人間関係が密な人々や理解者が多い。その反面、娘のルーシーがサムには養育不能として取り上げられた事で、ルーシーを取り返すための弁護をしてくれるミシェル・ファイファー演じる弁護士リタは、仕事に追われて時間が無くて、自分の私生活はボロボロの状態。時任がどちらに近いかと言われたら、正直リタ側です。その二人が出会うことで、二人を取り巻く環境の違いが出てくる。そこから導かれていくラスト。自然と、じわっと涙が出てきました。
いろいろ親子たらしめるために必要なものは何かを見せてくれる部分があるのですが、親は大人になってしまった事で忘れている、子供と遊ぶことの重要さなど、大人と子供の温度差が見えてきて、最近の家庭問題とも照らし合わせてしまう。知識や経験だけでなく、子供ときちんと向き合うこと、それが、子供を育てるとに大事だと、何事にも代えがたいものだと思わせられた作品でした。

印象に残ったシーンは、ルーシーが里親の家を抜け出して、サムの所へパジャマ姿で向うところ。

そうそう、今、時任がみている「弁護士イーライの不思議な日常」に秘書役で出ているロレッタ・デヴァインが、「アイ・アム・サム」にも出ていて、おおっ見つけた! でした。
今日は、その他「弁護士イーライの不思議な日常」のシーズン2の10話も観終わりました。

Huluのリストを観ていたら、「Sex and the City」のシリーズ5が出ていた。
おっ、と思って観ようと思ったけれど、シーズン4の終わりってどんなんだっけ? と思って最終回を見返してみると、意外と忘れている…う~~~ん、本当に私は観たのか??
心配になり、17話から遡って、覚えていそうなところへ戻ること4話分。14話から17話という、これだけ観て、ようやく、どんな感じで終わっていたかを把握する…。私の記憶力って…。救いなのは、一話が30分だということ。映画一本みれるじゃん!
で、ようやくシーズン5の1話に辿りつく。
この話、本当にガールズトークなので、男性が観たら結構引くんでしょうが、かなり、観ていて納得する感じあり、です。
そんなにファッションに興味のない時任ですが、観ていて、そのファッションの大胆さに、ほっほーとなる部分も多く、観ていて楽しいのは確か。あ~~、確かに、この靴は主人公は欲しくなるよね、と納得させられる、といいますか。

で、その他に「弁護士イーライの不思議な日常」にシーズン2の9話を平行して観る。
性転換した牧師が、女性から男性になったことで、以前の人物と変わってたので解雇、という内容の裁判。
このお話、主人公はイーライは弁護士で、すごく良い人系なのですが、仕事はできるので、観ていて安心できると、と言いますか、自分の人生とどう折り合いを付けて裁判が進行していくのかが面白いところ。
裁判ものとはいえ、重くなく、かなり人間的に救いたくなる人達の裁判が多いので、その点も興味をそそられるところです。

あーー、8/1からHuluで「ER救急救命室」のシーズン6も観られる!
「ER救急救命室」に関しては、月ごとに奇数シリーズと偶数シリーズが交互に配信されているので、下手に見逃すと一カ月待ちになってしまうという感じなので、また「Sex and the City」のように、復習をしないといけない状況が…。がんばろう!

なんか、忙しくしていた時期に、話題になっていた作品が観られていないものが多くて、追いつこうとしている必死感で観ていますが、楽しいことは確か。
Huluがあることで、移動中に観られることで、今までのジレンマがかなり解消されていることも確か。
明日は、2本映画が届く~♪

今日は「弁護士イーライの不思議な日常」にシーズン2の7話と8話を観た。
シリーズの途中って、特に感想が…。

映画は次、何をみようかと、思案する…。先日「ミルク」を観たこともあり、ショーン・ペン繋がりで観てみようかな。

今日は、「サンシャイン・クリーニング」「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」を鑑賞。
*一応、ネタばれしないようには書くつもりですが、結果ネタばれしていたら、ごめんなさい!



「サンシャイン・クリーニング」は、「リトル・ミス・サンシャイン」を撮ったスタッフの作品。
「リトル・ミス・サンシャイン」は、かなり好きな作品だっただけに、これは見なければと思って借りた1本。
まぁ、まず、事件現場の清掃を始める姉妹という設定自体、どんなストーリー??と更に興味を惹かれる。
普段生きていると、非日常に思える職業だけに、初心者らしい部分が笑いを誘います。でも、そんな姿の中に姉妹の過去と現在の生活が交錯していく。複雑な心境が、徐々に見えたラストは、ああ、やはりこのスタッフは、描いたな、と思える内容でした。
「リトル・ミス・サンシャイン」でもそうでしたが、子供の使い方がうまいです。子供の目線からすると、大人が何に縛られているのかが良く見えるといいますか、子供は自分の生活をしているんですが、その世界を映すことで、浮かび上がってくる大人の生活を感じさせてくれます。
そうそう、「24」でクロエ・オブライエンを演じていたメアリー・リン・ライスカブが出演していて、思わずおおっ、見つけた! と嬉しくなってしまいました。

「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」は、コメディーが観たい! と思って借りた作品。こういう作品は、作品紹介を見ないで借りるので、観るまでのお楽しみ。
これは、タイトル通り、まさにツイてない! そのツイてなさが、もうたまらない! 時任にとっては、タイトル通りの期待をはずさない作品でした。時任好みです。
ただし、「13日の金曜日」を観られる心のハードさを持った方でないと辛いシーンもあるので、御用心です。
タイトルにもなっているタッカーとデイルが主人公。二人は、ようやく手に入れた湖畔の別荘で過ごそうと、慎ましやか、というよりかなりボロボロの別荘にやってきます。そこからが彼らのツイてない休暇が始まるのですが、まぁ、たたみかけるように、後から後から…。その、最悪っぷりは、徹底していて、もう笑うしかない状態を生み出していきます。やばい、思い出しただけで笑える。
最初に書いたように「13日の金曜日」のようなシチューエーション、登場人物を、パロディーではなく、ここまでコメディーへと昇華させる腕はすごいです。
最後、どこに着地するのか分からないハラハラ感があるのですが、それでもホラー映画のような、心拍数が急激アップにはならない、ほどよい加減が、笑えるポイント。うまいですね~、どこか、ホッとさせてくれる。こういう作り方って、アメリカ映画はうまい!
観てて、私がその場に居たら果たして?と思わせるような部分もあり、差別ともとれるような部分をブラックユーモアとして描いているのも、脚本のうまさなんでしょうね。
徐々にツボに入っていく感じがたまらない作品でした。
最後、観終わってから、DVDに入っていた、この作品の予告編を観たら、総集編を見たような気分で可笑しくて、膝を叩きながら、二度笑ってしまった。
ここ最近観たコメディ作品の中で、この笑いは「宇宙人ポール」以来だな。

みなさんは、選べない時、どうしますか?
まさに選択の時です。
本日の時任、選べませんでした…。
同じ靴の色違い、両方買っちゃった。
まぁ、ある意味、二足買う、という選択をしたと言えば、そう言えるかも??



あ、でも、同じ製品でも、履き心地が違ったので、サイズは0.5mm違います。

みなさんは、髪を切りに行った場合、読まない、という選択もあるかと思いますが、何を読みますか? 私がいつも行く美容院では、雑誌の他にマンガが置いてあります。
本日は「テルマエ・ロマエ」の6巻。ああ、これが最終巻とは寂しい。



で、全巻読み終わってしまったので、次は何にしようかと本棚と睨めっこした結果、「リアル」を読むことに。
評判が良いのも聞いていたこともあり、選んだ感じでした。ただ、時任はスポーツものが苦手なので、もしあまりにもスポーツし過ぎていたら止めれば良いや、と思い一巻を読み始めたら、ハマりました。
一気に3巻まで読み切ってしまいました。というか、ここで、本日の美容院のコースが終わってしまったので、本日はここまで、という感じ。もしマンガ喫茶だったら、まだ読んでいたかも。それぐらい、引き込まれました。



そうそう、今日の時任のヘアカットですが、行く途中、何かのポスターを見て「あ、前髪作ってみようかな」と思い付き、切ってもらいました。
振り返ると、20年ぶりぐらいに前髪を短くしたかも。
この前髪の短さの時任、あなたは見たことありますか?



とはいえ、仕事の関係もあるので、大きな変化がないように切ってもらったので、分かりにくい感じではありますが、当の本人は、かなり軽くなっている感じです。
あ~~~、いいね~、邪魔じゃない~!

空を見上げ、雨は降るのか、降らないのか、どっち? と聞きたくなる、ここ数日の東京。



ここにきて、ようやく私の周りで蝉の声を聞くようになった。
鳴けばうるさいと思うけど、鳴かなければ鳴かないで、大丈夫か? と心配になる。
不思議なもので、蝉の声を聞くと、夏だな! と自然からのお墨付きのような気がして、夏が来たと思える。

そんな暑さを感じられるものの対(つい)として、風鈴もそうですが、草木が揺れる音などすると、風が吹いているのが分かる音として、涼しく感じられる。

最近、気温が以前よりも変動が多いので、季節を感じようとするには、それだけでは計れない分、時任的には、確実な季節の訪れを音で感じているんだな~、と思ってしまった。

みなさんは、自分の五感のどこで夏を感じますか?

時任、最近はHuluで良く、移動中に映画やアメリカの海外ドラマなど観ております。
Huluに無いものは、レンタルして、何かしら見てたりします。

先日「フリンジ」のファイナルを観終わり、今は、「弁護士イーライの不思議な日常」にシーズン2に突入しております。
主人公は弁護士で、脳に動脈瘤があることで、幻覚を見るのですが、妙にそれが現実とリンクしていくという話で、SFやオカルト好きの時任には、はまっている感じです。コメディーなので、気負いなく見れている感じです。

本日は、映画「ロード・オブ・ウォー」。
ニコラス・ケイジが主演で、武器商人の話です。
事実に基づくというテロップが最後に出てくるのですが、確かに、これが現実にあると思わせる内容のストーリーでした。世界の武器情勢を、武器商人というビジネスマン的な視点から見ているという点では良かったです。
実情を覗く、という点では、かなり良い構成で仕上がっている作品でしたね。

なかなかブログのアップが追い付かない時任、下手するとひと月分をまとめて上げていたりしますが、ちょこちょこ、自分が観ている作品をアップできたらと思っており、本日、第一弾。
たまに、映画や舞台を鑑賞した時に感想などアップしていましたが、もっとラフな感じで、今見ているものをアップしようかと思いまして。

久々に時任のHPの自己紹介のページにある「MOVIE」も更新しました。
Huluで結構なドラマを観ていたので、まとめるのに、時間が掛りましたが、ようやくです!

ちなみに、こちらのページの事です。
趣味な感じなので、興味がある方、どうぞ!

http://imuya.net/STOIC/movie-top.html

しっかりと、ゲリラ豪雨の時間に移動になってしまいました…。



足元を滝のように雨水が流れていく。
この時点で靴はアウト。
雷もひどく、家で待っているシーチャが大丈夫か心配になる。

無事に家に戻ると、何事もなかったかのように、晴れている。
まぁ、ゲリラ豪雨って、こんな感じですよね。

道を歩いていると、何かが落ちている。



苔?
あ~~~、雨の勢いで石垣に付いていた苔が、こんなにボロボロと落ちちゃったんですね…。
雨の勢いがどれほどだったか、改めて痛感。



家の扉を開くと、シーチャが「怖かったの、凄かったの!」と言わんばかりに、玄関に飛び出してきました。
お留守番、大変だったけど、ありがとうね!

テレビを付けると、早速ニュースでも特集中。
ええ、ええ、その中を帰ってきましたよ、今日の時任さん。
みなさんは、大丈夫でしたか?

先日届いたスイカ、今夜の夕飯にすることに。

よく冷えて、今日の暑さに良く合う!



土佐スイカ、力強さを感じます!
いいね、いいね~!
しゃっくり感と甘さが素晴らしい!

夏の醍醐味をしっかりと味あわせて頂きました!

今日は、夕焼けがきれいだな~~~



そんな夕焼けの中、夕飯を食べに行く。
最近良く行く店なのですが、このお店に「深夜食堂」という漫画が置いてある。
その名の通り、深夜の食堂に訪れる人々の人間模様を描いているのですが、いいんですよ。
漫画を読みつつ、今夜の食事を頂く。

本日は、とろとろのマーボー豆腐。辛さにしびれるね~!



そして、いつも坦坦麺をやっているお店が作ったジャージャー麺!



坦坦麺っぽさを残しつつ、ジャージャー麺の味噌には甘みも加わり、うまいね~!
しかも、このお店の太麺、しっかりと歯ごたえがあって、うまいのです!

あ~~~、至福。
漫画は2冊読めました。

正直、土用の丑の日と関係なく、鰻はいつでも食べたい訳ですが、これだけ理由づけができて食べに行けるのは、心が軽い。
ということで、うなぎづくし~~~!

もう、お通しからうなぎの登場!
温泉卵とうなぎのコンビネーション!
ちゅるん、って感じです。



続いて、うなぎのオムレツ!
とろとろの卵焼きに鰻が入っていて、う巻とはまた違った食感です。
うまいね~、このとろみかん。
上に乗ったあんかけが、余計にとろみ感を出してくれる。



肝のあえ物。
しっかりとしたこの食感、肝じゃないみたい!
っていうか、これだけの肝を持つ鰻って、かなり大きくない??



ささ、出てきましたよ~~!
一口食べてみると、炭の香りが口いっぱいに香ばしく広がる、すごい!
だからと言って、鰻の身が硬い訳ではなく、逆にふわふわ!
いい具合に油も落ちていて、この塩梅、ただものではない!



しっかり、堪能した後は、久々にコメダ珈琲へ。




ミックスジュースで、鰻の余韻を味わう。

年に一度のシーチャのワクチン接種。
洗濯ネットに入れて、びっくりして逃げ出さないように、しっかりガードして病院へ向かう。



普段、家の中だけの生活をしているシーチャにとって、外の世界は刺激がたくさん。
今日は、好奇心の方が勝っているのか、少々顔を出して、時おり様子をみる余裕が。

健康診断も終わり、無事に帰宅し、洗濯ネットを開けてあげると「やれやれ」と言う感じで、のそーーっと出てくる。



今年も、お疲れさまでした。

山梨のおみやげを頂きました!



こちら、カマンベールチーズのチーズケーキ。
食べたら、私の嗜好にあっているのか、あっという間にこの量を食べてしまった。
ほどよいスポンジの柔らかさと、甘すぎないチーズの味のコンビネーションが良い!
シールにも書いてありますが、本当に手作り感を味わえるこのケーキ、はまった!

ファンの方から、西瓜頂きました!
毎年ありがとうございます!!

今年は土佐の西瓜です!




箱を開けると、土佐新聞がクッションとしてぎっしりと入っている。



お、土佐って、いろいろなチャンネルのテレビが見られるのね、と脱線しつつ、いそいそと西瓜を切って冷蔵庫へ入れる。

まだ、食べてはいませんが、切った時に、西瓜の力強い感触が伝わってくる。
これは、期待できるよ!!!

ほぼ三日間留守にしていたので、シーチャが帰ってきたら、ずーっと離れない。
ごめんね、居なくて…。

ソファーに座ると、ピタッと私の横でお休み。


今朝、起きてホテルを出ると、おっ、今年初の蝉の声を聴いた!
夏だね~~~!



駅に向かう商店街では、さらに涼しげに氷の彫刻。



今日は、東京へ帰る前に、以前大阪でイベントを開催した時にマネージャーで付いてくれた、のりちゃんと会うこと。
あれ、あの2005年のイベント以来の再会かも!

二人で向ったのは通天閣!
久々の再会でしたが、のりちゃん変わってないな~!
新世界に入っていくと、おおっ、確かに通天閣だ~!
観光客らしく、記念撮影~~!

toki130715.jpg


最初、入口が分からず、迷いましたが、無事に受付を見つけて入ることができました。
休みということもあり、上に行くまでに40~50分待ち。
雨が降ったり止んだりだったので、風景はあまり見られないかと思いましたが、割と遠くまで見られて満足!

そして、お隣になる天王寺動物園へも行き、ペンギンを見る。



な、何を見てるの??
私も覗いてみるが、特に何もなし…。
なんだろう…。

近くのお好み焼きのお店にも行ってきました。
本場で初のお好み焼きだ!



で、メニューにこんなものが…「うそ焼き」って。
それを頼むのが時任です。
画像がかなりぶれておりますが、うどんとそばをまぜた焼きもの。



確かに、同時に味わえるけれど、どちらも粉ものという点では、口に入れて噛んでしまうと、あまりミックス感はないです。ということで、焼きうどんと考えるか、焼きそばと捉えるかは、その人次第と言ったところでしょうか。
味は、ソースが美味しいの、満足感はありです。

今回は、本来の予定と、プライベートの予定をうまく組み合わせることができたので、もりだくさんの三日間で、あっという間に過ぎてしまった。
そのせいか、帰りの新幹線では爆睡でした。

本日は、神戸での予定が終ってから、みなさんと地元で美味しいという中華とタイ料理がミックスしたような料理の店に行く。この取り合わせ、新しい。

ここに良く来ているスタッフのオススメを頼んで行くと、こんな料理が出てきました!

餃子のような生春巻!
右の肉バージョン。
辛めのたれに付けて頂きます。
おおおおお、これは美味しい!!



左が魚介バージョン。
ああああ、これも美味しい~!
餃子とは違うつるっとした食感が、良い!


チリソースの定番と言えば、エビ。
でも、こちらは、鳥肉なんです!
確かに、おかしくない。鳥だっておかしくない。
ただ、今まで発想がなかったことに、斬新さを感じてしまう。



食べてみると、あ~~~~~、合うね、合う、美味しい!

こうなると、もう、何料理か関係なく、料理を堪能。

こちら、焼そば!



あんかけの焼きそばなのですが、味はさることながら、麺がうまい~~~!

さて、デザートに杏仁豆腐が食べたいな、と思ったら、妙に値段が高い。
他の料理がお手頃価格だっただけに、「?」と思って、店員さんにどれぐらいの量か聞いたら4人前。
あ~~、そりゃ、この値段になりますよね、っていうか、安い!
あやうく、一人一皿づつ頼んでしまうところでした。
この大きさ、みんなで仲良く分けて頂きました。



また、神戸にきたら、来てみたいお店でした、御馳走様でした!

本日は、関西方面へ行く予定があり、新幹線で向う。

今日は、友人との待ち合わせの時間まで、行ったことがなかった難波へ行ってみる。
行ってすぐに「551蓬莱」の店舗を見つける。
前に、イベントの時にファンの方が持ってきてくれたアイスキャンディーも売っている、おおっ。
駅にあるお土産屋でしか見たことなかった豚まんだっただけに、嬉しくなって、早速立ち食い。



立ち食いついでに、たこ焼きも頂き!



続いて法善寺横の小路。
全然他のエリアと雰囲気が違ってびっくり。



道頓堀へ出ると、「道頓堀川万灯祭」というお祭りをやっていた。
おお、船が!!
前にイベントで来たことを思い出す、懐かしいなぁ~!



ようやく、友人と会い、創作串カツのお店へ。
ん~~と、これは何だったかな?



お店を出て、今日は良く食べたので、散歩がてらホテルに向かっていると、ポストが目に入る。
この青いのはなんだ?



東京ではあまり見ない「速達用」のポスト。いろいろあるのね。

今日は、たくさん歩き、足が痛いな~と思ったら、靴ずれが…、しかも足の裏。
こんなところの靴ずれ、初めて…。

近所のスーパーの前で人がいそいそと集まって何かしている。
「?」と思って近づいてみると、人参の詰め放題。
しかも「極限まで詰め込んで!」なんて書いてあると、通り過ぎるには、後ろ髪を引かれ過ぎる…。
まあ、158円なら良いか、と遊び感覚で、ビニール袋を手に取る。
さ~~~、行くよ~!

よいしょ、よいしょと、数も数えずたくさん入ることをひたすら目的に詰め込んでみる、楽しい~!

で、今日は、買い物するつもりが無かったのに、しっかり店内で他の買い物までしまい、まんまとスーパーの客寄せに乗っかって帰ってきた感じでしたが、なかなか詰め放題ってやってないので、気持ち的には満足。

ささ、詰めたのがこちら!



一体何本入ったんだろうと思って数えてみたら、20本。
達成感を感じつつ、にんじん料理、何を作ろう…。
本日のところは、にんじんボタージュ!


待ってましたよ、この暑さ!
この暑さの中でこそ、美味しいのよ~~!

時間が無い時にも、さっと作れるのもありがたい、そうめん。
本日、急いでいたので、おかずを作る時間がなかったが、先日頂いた、韓国のりの明太子味でくるんで頂く。



さーー、カキこむよ~~!
ふむ、ふむ、ふむ、ずるずるずるずるーーーーーーー!
ということで、夏のランチ、あっという間に終わる。

本日の冷やし中華は、いつも食べに行くラーメン屋が、夏になったので出した一品。

正直、この日はつけ麺を食べたかった。
でも、「冷やし中華」の文字が、非常に誘っているように思えてならなかった。
まだ、このお店の冷やし中華を食べたことがないこともあり、考えたあげく、冷やし中華注文!

出てきたのがこちら!
じゃーーーーん!



さてさて、早速頂いた訳ですが、時任、ゴマ味よりも、しょうゆ味の方が好きです。
ここのは、ゴマ味でした。
まずくはないです、はい、美味しいです。
でも、何か自分の中でしっくりこなくて、つけ麺注文しちゃいました。
お腹一杯過ぎにはなりましたが、気になっていたこの店の冷やし中華も食べられたし、本来食べたかったつけ麺も食べられ、かなり気持ち的に、満足したランチでした。

たまたま、テレビでみていて、美味しそうだったオレゴンステーキのお店。
やばい、このジューシさ、絶対に食べたい!! と思い、ようやく本日、お店に向かう。

オレゴンステーキを食べてさせてくれる店、他のメニューもボリュームたっぷりな感じです。
あ~~~、この量は、たくさんメニューを頼めない! 迷う~~~!
でも、今回、気さくなおしゃべり好きな店員さんが付いてくれて、率直にお薦めをしてくれて助かりました。

ようやくメニューが決まったところで、登場したのがこちら!
「アワビとツブ貝のフリカッセ ジャンボマッシュルームの器 」
この、ジャンボマッシュルームというのが、魅力で、頼んじゃいました。



ソースのすぐ下にいるのがマッシュルームなのですが、手の平ぐらいの大きさあるのに、しっかりと風味があって、アワビとツブ貝と良く馴染む。あ~~~、うまい!

お次は、肉を食べに来て、なぜ魚介?のこちら。
「活ロブスター丸ごと一尾の炭火焼き」
出てきた瞬間、でかっ! の一言。



プリプリの身がぎっしり。
炭火で焼かれているので、香がまた良い!
やばいよ、結構、お腹にたまってきてますよ~!

さあさあ、メインのお肉に登場していただきましょう!



ミディアムレアで焼いてもらったお肉のジューシーなこと!
歯ごたえ抜群! 来て良かった~!

デザートには、こってりとチョコケーキを頂く。



いやいや、本当に、店員さんのお陰で、美味しいものばかりを頂く事ができました!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 飯を食うなら皿までも, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。