上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「猿の惑星」。
かなり昔に見た記憶があるものの、おぼろげな部分があることと、シリーズでいろいろ出ているので、ちゃんと観ておこうと、初期の5作品を一気に観てみました。

猿の惑星 Planet of the Apes (1968)
続・猿の惑星 Beneath the Planet of the Apes (1970)
新・猿の惑星 Escape from the Planet of the Apes (1971)
猿の惑星・征服 Conquest of the Planet of the Apes (1972)
最後の猿の惑星 Battle for the Planet of the Apes (1973)

やはり1作目のインパクトは、見直してみても大きかったですね。
その後、しっかりと、この1作目を踏まえて5作目まで作られている。
2作目の奇抜さに、この後、本当に続くのかと、その後の作品への展開に不安がありましたが、見事に続けているのもすごかった。

当時のアメリカ人種問題や動物に対する虐待なども含まれた社会風刺の作品にはなっていますが、40年以上時間を経た今でも色あせることなく、作品としての魅力が響くのはすごいストーリーですよね。

あまり特殊メイクに詳しい訳ではありませんが、当時の猿の特殊メイクの技術を考えると、かなり精巧に作られているだけでなく、役者の演技がちゃんと生かされるようにできている。そういう細かい部分も、映画としての猿の惑星を、一層魅力的にしているんだろうな、と感じました。



さて、このあとは、リメイク版を観てみようと思います。




猿の惑星は、子供の頃に、むっちゃ怖かったのを覚えてます(T . T)

後、スペクトルマンのゴリとラーが猿人やったのを思い出しました
【2015/10/02 18:22】 URL | タク #-[ 編集]
猿の惑星 征服が一番好きです。

昔日本にも、猿の軍団なんて特撮ものがありましたね
【2015/10/02 22:07】 URL | MMM #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 飯を食うなら皿までも, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。