上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊地 健雄監督作品「ディアーディアー」を観てきました!


監督とは、本当に久々の再会。
いや、監督として会うのは、初めて!


最初に会ったのが、映画美学校の卒業制作の時で、まだ学生の時。監督は別チームだったにも関わらず、菊地監督のお部屋を借りての撮影。
その時に、私がちょっとしたケガをして出して下さったのが、「血の池地獄の軟膏」。なんてレアな薬か出てくるんだと驚いた思い出も含めて、懐かし過ぎる!
そんな出会いもあってか、妙に感慨深さを感じながら観てました。

作品の端々に監督らしい優しさとジョークが含まれている。気がつけば、三兄弟に、妙に愛着が湧いていました。
以前、よく一緒にお仕事をさせて頂いた川瀬陽太さんも、おいしい感じで出てました!

本日は、トークイベントも。
モントリオール世界映画祭で出会ったという監督達のトークでした。
左から「合葬」の小林達夫監督、菊地健雄監督、「ねぼけ」の壱岐紀仁監督。


まだまだ上映しておりますので、気になった方は、こちらが公式サイトになります!
http://www.deardeer-movie.com/sp/




血の池地獄の軟膏ってネーミングいいですね
【2015/10/30 03:30】 URL | MMM #-[ 編集]
一度聞いたら忘れないネーミングの軟膏っすね^_^
【2015/11/02 23:41】 URL | タク #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 飯を食うなら皿までも, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。